読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

日本人と怒りの付き合い方

こんにちは。

 

最近、怒りっぽい人が多いように思います。

気のせいかもしれませんが。

 

老若男女問わず、周りの人を押しのけながら満員電車に乗り込む人。

自分とは何ら関係のない芸能人の不倫報道に、これ幸いと義憤を隠れミノにウサ晴らしをする人。

他人の揚げ足をとることに命をかけて、言葉の不謹慎狩りを繰り返す人。

 

怒りっぽい人に囲まれた生活は、とても息苦しいと思うのです。

 

そして、何だかこの怒りっぽさは

日本人特有の性質なのかな?と最近感じはじめています。

 

よく文句を言うイギリス人、ドイツ人

その昔、イギリスとドイツに住んでいた頃。

まぁ彼らの感情の激しさ、不満の量に面食らいました。

 

日本ではあまり見かけない光景だと思うんですが

たとえば給湯器が壊れてお湯が出なくなろうものなら

シャワーから裸一貫で飛び出して来て

 

「マァァァァザファッカアアア!!この水道を作ったやつの腸をえぐり出して、

 子孫もろとも平行世界からもぶち◯してやる!!!ガアッッッデム!!!」

 

くらいの勢いでブチ切れてキッチンを5周しつつ全員に怒りを共有してから去ったり。

 

 

例えば自販機にお金を入れて、ボタンを押しても商品が出てこないと、これまた

 

「シイイイイッッット!!!!この自販機作ったやつぁゴキブリと人間のハーフにちがいねぇ!縛り付けて、目の前で先祖もろともアースジェットしてやりてぇ!!!ビッチ!!!!」

 

くらいの勢いで吐き捨てたりします。

 

とにかく「我慢」というものを知らない生物なのです。

 

なので、しょっちゅう喧嘩が勃発するのですが

なぜか全く尾を引かない綺麗な終わり方をするのが

彼らの不思議な特性なのです。

 

たとえば僕が以前ドイツで働いていた頃、

仕事上の意見対立から、ものすごい剣幕で先輩二人が怒鳴りあっていたものですから

「あー、職場の空気が悪くなっちゃうなぁ・・・」と心配したのですが

翌朝には二人揃ってコーヒーを飲みながら談笑している。

 

「昨日はあんなに怒鳴りあっていたのに、すごいなぁ・・・」と関心したものです。

 

確かに、よくよく彼らの言い争いを振り返ってみると

 

「お前の意見は、これこれ、こういう理由で、間違っている」

「違う、これこれ、こういう理由で、正しい」

 

など、議論が「発言内容」「その根拠」などに徹底しており

一度も個人に対する人格攻撃や、「もうたくさんだ!」といった

投げやりな感情発露はなかったように思うのです。

 

そしてふと、僕の母校(米国式のインターナショナルスクール)が用意していた、

ある授業のことを思い出しました。

 

(Anger Management)アンガーマネジメント

僕の学校には(確か)anger managementという授業がありました。

直訳で「怒りの制御」でしょうか。

 

しょっちゅう喧嘩をしてしまう問題児が強制的に受けさせられる

さながら更生授業のようなカリキュラムでした。

 

そしてその内容は授業というより、

様々な質問を通じた状況分析の時間でした。

 

「相手は、具体的に、あなたに何をしたのか」

「具体的に、どの発言が気に障ったのか」

「それはなぜなのか」

「相手は、どんな意図で、あなたにそんなことを言ったと思うか」

「なぜ、相手はそんなことを言ってしまったのか」

「想像で構わないから、相手が怒った理由と、その背景を可能な限り挙げてみよ」

 

やっている事は非常に単純で

 

「相手の立場を考えよう」

 

これだけなんですね。

 

喧嘩をした当事者が双方、このような分析を実施してから

 

「僕がこんな事を言った時、君はこういう理由から、こう感じたと思う」

「それに対しては申し訳ないと思っている」

「でも僕は、君があんな事を言ったとき、こう感じた」

「それに対しては謝罪をしてほしいと思っている」

 

と、お互いに、相手の気持ちを想像した結果を伝える。

 

これを繰り返すことで和解を促す時間でした。

 

当時の僕は小っ恥ずかしさを感じていたのですが

幼少期から「感情の授業」を受けることは

相手を尊重しつつ問題を解決する心構えを学ぶ、

とても有意義な時間だったと思います。

 

なぜ日本人は話し合わないのだろうか

僕が日本で生活していて一番強い違和感を覚えるのは

「話し合い」に対する異様なまでの拒否感です。

 

直接注意してくれない

例えば僕が社会人1年目の頃。

当然、今まで英語で生活してきたわけですから

敬語がまったく使えません。

 

とはいえ、特に周囲に注意されることもなかったので

拙いなりに、ちゃんと敬語は使えてるのかな?思っていたら

ある日、先輩社員がこんな事を教えてくれました。

 

「ベテラン社員のAさんが、お前の口調が気に入らないって言ってたよ」

 

その話を聞いて直ぐAさんの席に向かい

「僕の口調が失礼だったようですね。ごめんなさい」と謝罪したところ

「おお・・・いや、むしろ陰口みたいになってすまんね」と

許していただけました。

 

でも、もし先輩がAさんの不審を教えてくれなければ

僕は生涯Aさんに嫌われ続けていたことになります。

 

そして「嫌い」という気持ちは必ず伝播しますから

僕もいずれはAさんを嫌っていたかもしれません。

 

なぜAさんは僕に伝えてくれなかったんだろう。

とにかく不思議でなりませんでした。

 

「解決」より「謝罪」

また別の日に、別の先輩から飲み会の席で

「お前は、生意気なんだよ」

と、直接注意されたことがありました。

 

そこで「どういうところが生意気なんですか?」と聞き返したところ

「そういうところが生意気なんだ!」と、さらに怒られました。

 

何度「具体的な状況を教えてください」と聞いても

「そういうところだ!」としか返されないので

 

さすがに、それに対しては僕も納得できなかったので

 

「僕としては「生意気だ」と言われたので

 原因を知って直して、あなたと仲直りしたかったです。

 

 でも、あなたにとっては問題を解消して良好な人間関係を築くことより

 形だけの謝罪を得るほうが大事なんですね。

 では、形だけ謝ります。ごめんなさい」

 

と言ったら、めちゃくちゃにブチ切れられました。

 

 

 

今にして思えば当然なのですが(それを当然と思う程度には日本の文化に慣れてきた)

 

 

これも、当時とても不思議でした。

 

同じフロアにムカつく相手が座っているより

対話して解決した方が絶対に良いのに

なぜこの人は解決を選ばないのだろう・・・と。

 

 

溜め込んだ怒りの肥溜め

当然、解決しないまま溜め込んだ怒りは、いずれ爆発します。

 

昔は「我慢」「沈黙」が美徳であり、

それを適切に処理できるだけの技量が日本人に備わっていたのかもしれません。

 

でも正直、完璧に「我慢」できている人を、僕は見たことがありません。

 

1ヶ月、1年先かもしれませんが、いつかブチ切れた時に

「そういえばお前は半年前、こんなことをしたな!」とか

凄まじく過去に遡ってなじられることが多いです。

 

それは問題が発生した時に言ってくれよ、と思ってしまうのです。

 

「お前の先祖が鎌倉時代に俺の家に火をつけたな!その恨み!」

 

とか言われてる気分です。

そんなもん僕の先祖に直接言ってほしいですよね。

 

こうして「その時々で言わずに溜め込まれた怒り」が

満員電車や下世話な不倫報道、SNSなどの肥溜めに

噴流しているように感じるのです。

 

日本では、もう少し「対話」に高い価値がつけられても良いのではないでしょうか。

 せっかく人間は高度な言語能力、情報共有能力を有しているので

これを使わない手はないと思うのです。

 

就活相談に乗って思ったこと:車輪を再発明する必要はあるのか

最近、就活中の方々とお話ししていると

 

「私は、こう思います」

 

と、しっかり自分で考えている方にお会いすることがあります。

もう、素晴らしいです。

イメージに踊らされてふわふわ〜と就職先を決めた

僕のようなコーヒーの搾りカスとは天と地の差です。

 

でも、あえて自分でゼロから考えている方が多いのが気になります。

 

自分で考えるのも、もちろん大切なのですが

これ、ものすごく効率の悪い作業なので

「こんな抜け道もあるよ?」という話ができればと思います。

 

 

車輪を再発明する必要はあるのか

「車輪を再発明する」という言葉をよく耳にしますよね。

 

人類に大きな飛躍をもたらした「車輪」

とてつもなく重大な発明なのですが

これを現代で、自ら改めて考えることに価値があるとは思えません。

 

すでに誰かが辿った思考、軌跡の上に

自分の新たな思考や工夫、なにかを築き上げるからこそ

「車輪」に動力を積載してバイクが生まれたり、

「車輪」に磁石をつけて発電機が生まれる。

 

全員が「車輪を発明するぞー!」と同じことを繰り返していたら

あまりにも進化の効率が悪いので

僕らは未だウッホウッホとマンモスを運ぶ作業に追われているはずです。

 

なので僕は

「すでにある知識をとことん吸収して、その上に自分の考えを載せる」

ことに高い価値がある、と信じる派です。

 

で、「すでにある知識をとことん吸収する」効率的な方法が、読書です。

 

 

読書は近道

例えば

 

「やはり企業の選考には学歴が影響するのでしょうか」

 

と聞かれることもあるのですが

これはもう、就活関係の書籍をいくつか読めばすぐに答えが出ます。

海老原嗣生氏の「就職に強い大学・学部」あたりがオススメです。

アマゾンなら1円で買えるし、図書館でも借りられます。

 

調査データなど「事実」の割合が高いため

思考の土台となる基礎知識を固められます。

 

例えば人気企業100社の新卒採用枠は約「2万人」

 

対して旧帝大の卒業者だけで「2.1万人」

MARCHレベルまで含めた卒業者の数は「10万人」

 

いわゆる高学歴が採用枠の5倍いるんですから

そりゃ人気100社の選考を受けるのは難しいよね・・・

という事が、数字を見るだけでなんとなくわかります。

 

また、大学ごとの就職率もしっかりと抑えています。

電車広告で謳われる「就職率98%」は

あくまで「就職決定者/就職希望者」なので

より正確な「就職決定者/卒業者」で計算すると

就職率が60%台に低下する大学が大半です。

 

上記の「ちゃんとした就職率」を大学ごと比較すると明確に就職率に差が出るし

それを「人気企業」に絞れば、さらに差が広がるのが分かります。

 

なので「就活に学歴は影響するか」という問いは

本を1冊読めば解決します。YESです。

業界研究に関しても様々な本が出版されています。

現場で働く方の自伝も数多く出版されています。

 

読者は最高の「近道」です。

誰かがあなたの代わりに時間をかけて調べ、まとめ、書き、

内容の裏付けをして、推敲して、

出版社の名誉をかけて世に送りされた「作品」です。

 

せっかく誰かが発明してくれた車輪なんですから、

もう存分に利用していきましょう。

 

もちろん、本を鵜呑みにするのは禁物ですけどね!

 

今日たまたま図書館で読んだ本には

「とにかく川上産業の安定した大企業を狙え。シャープがオススメだ」

と書かれていました。

 

作者が鮮やかにヨミを外すこともありうるので

「意見」は「そんな考え方もあるのか」程度に抑え、

「事実」だけを集めにいきましょう。

 

あなたの悩みは、どこかで誰かが解決している

パスカルが残した「パンセ」という本があります。

「人間は考える葦である」もパンセの一文です。

 

僕は未だにこの一文の意味が全くわからないのですが

 

「17世紀の人間と21世紀の人間は、ほとんど同じことを考え、悩んでいる」

 

という気づきを得られるのでオススメです。

 

「なんで心にもないことを言ってしまったのだろう」

「どうすれば未来への不安を取り除けるのだろう」

 

こんなテーマを高尚な思考と言葉でまとめたのが「パンセ」です。

 

で、何を伝えたいのかというと

 

「人間は少なくとも400年前から同じようなことで悩んでるから、気にすんな」

 

という諦観とも達観とも言える割り切りと

 

「どうしても辛ければ、すでに同じ道を歩んで、解決した人の本を読もう」

 

という提案です。

 

400年も前から同じことで悩んでいるということは

特効薬的な解決策はありません。

 

「悩む」は「思考」とほぼセットなので

完全に取り除くことは、そもそも不可能なのだと思います。

 

ただ自分の「悩み」の正体を明らめたい場合は

その悩みを分析して解説している書がいくらでもあるので

それらの土台を借りるのも、有用だと思いますよ。

 

就活相談に乗って思ったこと:最悪の状況を想像してほしい

最近の就活生には、ときどき仏が混じっているように思います。

 

「人を支えるのが好きなので、介護業界に興味があります」

「人の人生が変わる瞬間を支援したいので、人材紹介に興味があります」

「もっと活き活きと働く人を増やしたいので、人材育成に興味があります」

 

 

おまえら仏かよ!

と思います。

 

僕なんて

「はやく出世したいから幹部候補プログラムのある会社しか受けない」

とか、そんな邪念100%のケダモノでした。

 

 

でも、そんな仏たちに

「なんで人を支えたいの?」とふかぼっていくと

 

大抵の方が

 

「笑顔を見たいから」

「ありがとう、と言われたいから」

 

など、自分が感謝される状況を想像していることが気になりました。

 

ピュアな若人にこんなことを伝えるのは心苦しいのですが

 

「良いことをしても感謝されないのが社会人」

 

ということをお話したいと思います。

 

 

「良いことをしたら報われる」とは限らない

基本的に社会人は、一方的に感謝されることはありません。

一方的に感謝されるのは、利害関係がシンプルな場合だけです。

 

<いつものアンパンマン>

バイキンマンは悪いやつ。

アンパンマンがバイキンマンをぶっ飛ばした。

だからアンパンマンありがとう。

 

そんなシンプルな状況、社会にはございません。

 

<社会人のアンパンマン>

小さい頃からバイキンとして周囲に蔑まれ、

バイキンだから仕事にも就けず、

病気の親を養うため、己を殺しながら

心のどこかでは「アンパンマン、俺を止めてくれ」と祈りながらも

それを悟られることでアンパンマンに心労をかけまいと思うが故

明るく「ばいばいきーん」と叫びながら悪事を働いているのかもしれません。

 

そんなバイキンマンをぶっ飛ばすことを、心の底から喜んでよいのでしょうか。

バイキンマンを生み出した社会や仕組みこそ、

我々は見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

 

 

という具合に、社会人は、とことん複雑です。

 

例えば、伸び悩む組織を改革するため営業部隊を縮小することを決断する。

当然、解雇される側からは恨まれるでしょう。

残った社員も「なぜ上の失敗を下が支えなければいけないんだ」と不満を募らせ、

「本当にやるんですか?私は知りませんよ?」と部下からは見放される。

 

しかも、自分が正しい保証はない。

「自分の決断は正しかったのだろうか・・・」

そんな状況で一歩を踏み出す恐怖に耐えて 

「組織のために」「相手のために」下した決断が、

必ずその相手に歓迎されるとは限りません。

 

 

 

先の人材育成を例に取ると、

研修を通じて社員の生産性を上げたい!と自分が考えていても

受講者は「かったりぃ・・・」と、ぐでたまのようなモチベーションで

この時間は1秒1分すべて無駄だ、と思われている環境で働くこともあります。

 

IT企画であれば

自分の仕事が「満足度が92%から95%にあがりました」と

全ての仕事が数字にしか反映されないこともあります。

 

 

仕事に感謝を求めるのは

自分のモチベーションの源泉を相手に委ねることと同義で、非常に危険です。

複雑な仕事ほど、直接的な感謝が与えられることはないし

感謝が与えられなかった瞬間、心が折れてしまいます。

 

「自分が尽くした相手に感謝されなくてもいい」

と思えるほど、その領域が好きか?と問いかけてみてください。

 

「いや、それは無理だな」と思うのであれば、

その「好き」はどのみち弱いので、

あまり仕事選びにおいて、重視しすぎない方がよいかもしれません。

  

最悪の状況を想像してほしい

「人が変わる瞬間を見たいから人材業界」

 

よく就活中の方に言われる志望動機です。

 

でも、彼らが想像しているのは

「20代前半で伸び悩む若手の天職を見出し、人生を変えた」

といった、光の中の光だけです。

 

残念ながら、そんな素晴らしい事例ばかりではありません。

以下、僕が業界勉強の一環で読んだ本に出てきた事例です:

 

 

 

 

毎月、達成できそうにもないノルマを課され

朝の9時から終電まで、休みなく働かされる毎日。

 

「おい◯◯、4ヶ月連続で未達だったら、わかってんだろうな」

徹夜明け早々、出社してきた上司に威圧される。

先月は飲み会の席で、後輩の前で散々に罵倒された。

 

いざ転職希望者との面談に足を運ぶと

「俺を転職させるのがお前の仕事だろう。ちゃんとやれよ!」

と、日中から仕事をサボってパチンコに耽る中年男性になじられる。

相手に責があろうと、トラブルになれば自分の減点につながる。

その場は平謝りで、やり過ごす。

 

次の転職者は20代前半の女性。

「もっと専門性を高めたい」と意欲を示す彼女。

自分が担当する企業は2社。

 

・社員を尊重し、しっかりと育成する社風のA社。

 成功報酬は100万円。

 

・若手を食いつぶすことで有名なブラック企業のB社。

 成功報酬は300万円。

 

今月も業績が未達だと、上司に何をされるかわからない。

いつまでも後輩にバカにされたくない。

断腸の思いでB社を推薦し、彼女はそこに内定した。

 

300万円の高単価決定で、自分は入社して初めて業績を達成した。

上司からは手のひらを返したように祝福され、

後輩からも「300万円の決定!すごいですね!」と賞賛され、

少しこそばゆい感覚に浸った。

 

その後、彼女がどうなったかは知らない。

 

 

 

 

 

上記に挙げたのは、あくまで書籍に出てきたケースです。

想像上の出来事かもしれません。多少の誇張はあるかもしれません。

 

でも、それを想像したうえで志望して欲しいんです。

少なくともその業界のルポ、現場の方の記録を10冊は読んで、

決して華やかではない、表舞台では見えないケースを追体験してから

腹をくくって、判断して欲しいんです。

 

その業界に身をおいて初めて想定外の苦難に直面したら

心が耐えきれないかもしれない。

誤った道を選んでしまうかもしれない。

僕はそれが心配です。

 

どんな業界にも光と闇があります。

光の中の光だけをイメージして進路を決めるのではなく、

対極、つまり闇の中の闇も想像すべきです。

 

想像するのが難しければ、本の力を借りましょう。

しっかり想像して、考えて、煩悶して、

納得したうえで仕事を選んでほしい。

 

「あらゆることを想定したうえで下した決断だから」と

今後の社会人生活を後悔せず進み続けられるよう準備をするのが「就活」です。

微力ながら、その手伝いになれば幸いです。