読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

就活相談に乗って思ったこと:大手かベンチャーか

たまに就活相談に乗っていると

 

「大手に行くか、ベンチャーに行くか迷ってます」

 

という相談を受けます。

 

こういった悩みを抱えている方には

「間違いなく大手に行った方がいい」と伝えています。

 

ちなみに

新卒の学生に安易に「ベンチャーいけよ!成長するよ!」と言う大人を

僕は基本的に軽蔑しています。

 

「新卒ベンチャー」のリスクを知らずに勧めてるのだとしたら、浅はか。

リスク承知で勧めてるんだとしたら、無責任です。

 

なぜ新卒は大手を選んだ方が良いのか。

ちょっと以下に理由を書いてみます。

 

大手は選択が増える

単純に大手で働いた方が人生の選択肢が多いです。

何かしらの問題に直面した時の回避プランが多数用意されているので

圧倒的に自分の人生をコントロールしやすくなります。

たとえば・・・

 

圧倒的にお金を借りやすい

このブログも賃貸経営の話がちょくちょく出てきますが

大手に勤めていると、銀行がホイホイお金を貸してくれます。

ベンチャー企業だとクレジットカードの上限すら上げられない事もあります。

 

勤めている企業規模に応じて、動かせる金額が大きく変動するため

大手の方が資産形成には圧倒的に有利です。

 

これを20代前半で意識する方は少ないのですが、

今後100歳まで生きるうえで、とてつもなく重要な要素だと思いますよ。

 

企業寿命の平均は25年。

労働年数は約40年。(多分僕らが定年を迎える頃には50年)

 

平均で2回くらい、あなたが勤める会社は潰れるんです。

さて25年後、勤めている会社が潰れた時、

日本は好景気でしょうか、不景気でしょうか。

 

大半の企業が国内市場で売り上げている日本にとって

消費者たる労働人口の減少は致命的です。

好景気でしょうか、不景気でしょうか。

 

大事なことなので2回言っておきながら

僕のミトコンドリア程度の知能では全く読めません。

 

でも常に後者だと思って早めに備えておけば

いざと言う時に自分の家族を守れます。

 

僕は自分の人生の選択肢を多く確保するためにも

「お金を借りやすい大企業に行った方がリスクは軽減できる」と考えています。

 

キャリアに傷をつけなくて済む

中小企業庁厚生労働省が出しているグラフを見ると・・・

 

f:id:shun10982:20170318131909p:plain

 

f:id:shun10982:20170318145150p:plain

 

小さい会社ほど離職率が高い傾向にあります。

 

そりゃそうだ、って話なんですが

たとえば人間関係のトラブルがあった時

大企業なら「部署移動」で解決するかもしれません。

 

中小企業だとそもそも社内に部署が一つしかなかったり、

トラブルの元になった人と席が5つくらいしか離れなかったり。

転職しないと問題が解決できない可能性が高いです。

 

で、日本は(基本的に)転職を繰り返すと給料が下がります。

俗にいう「キャリアが傷つく」ってやつです。

 

f:id:shun10982:20170318132325p:plain

(@typeの調査。2009年頃)

 

1回目が若干高いのは

新卒で中小企業に入った若手が早期転職して

大手のポテンシャル採用に入ることで昇給する影響かもしれません。

 

  

大企業を選んだ方が

 

「転職回数が少なく済む確率が高い」

「給料が下がりにくい」

 

キャリア形成しやすいため、基本的に僕は大企業を勧めています。

 

 

 

そもそも転職の理由って大半が人間関係です。

 

どんなに服が好きな人でも

店舗の上司から「お前はクズだ!」「使えねー野郎だ!」と常に罵倒されてたら

辞めたくなります。

 

なのに人間関係は入社するまで分からないことが多いので

 

「めっちゃクリティカル」「でも回避できない」

 

ラスボスが使うチート級の技みたいな存在です。

 

だったら、そこのリスクを最小化するためにも

選択肢の多い大企業の方がいいんじゃない?と思います。

 

 

 

 

圧倒的に優秀な人と出会える可能性が高い

すごく単純な話で申し訳ないのですが

1000人のうち10%が優秀だと、優秀な人が100人います。

10人のうち10%が優秀だと、優秀な人が1人しかいません。

 

単純計算で母数が多い大手の方が、優秀な人に会える確率が高いです。

 

「いや、ベンチャー企業は少数精鋭の優秀集団だ!」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが

「優秀な人が居る率」が大手の10倍!

みたいなベンチャー企業、滅多にありません。

 

仮にベンチャー企業の優秀な人率が10倍だったとしても

従業員数が100倍の大手には及びません。

数の力を舐めてはいけません!

 

 

ベンチャー企業は、そもそも学生に名前を知られていない企業が大半なので

優秀な学生が「さて、どこに就職しよう」と思った時に候補にすらあがらない。

ベンチャー企業の選考を受ける学生が元から少ないのです。

 

少ない中から人員確保しなければいけないので

大手なら「他にもウチを志望する優秀な学生いるもんね〜」と落選する学生でも

「大歓迎っす!!!」と採用ハードルを下げて迎えがちです。

 

もちろん、本当に超優秀な精鋭集団みたいなベンチャーは存在します。

でも、そういった企業は優秀だとわかっている人(前職の仲間など)の縁故採用や

中途採用でバッチリ必要な人材を確保できてるケースが多いです。

 

実績があり優秀だと分かっている人しか採らないことで

「精鋭」が維持されているんですから、

実績のない学生を採用する時点で「精鋭」は崩れている可能性が高いです。

 

ということを考えると、

優秀な人と仕事したいなら、やはり確率で考えて大手を選ぶべきじゃないかなぁ、と。

 

 

ただ、「優秀」の定義は人それぞれです。

これが最大のポイントです。

 

「自分は大手で優秀扱いされる人には興味ないんです!ベンチャーの優秀しか興味ないんです!」と決めているのであれば

もう、そこまで自分の軸が定まっているのは素晴らしいことなので

そのままベンチャーに突き進んでほしいと思います。

 

 

それでもベンチャーに行きたい

というわけで大企業の方が

 

・お金が借りやすく、人生の選択肢が増える

・社内での選択肢が多い。転職回数が少なく済み、年収が下がりにくい

・優秀な人と会える確率が高い

 

と思うので、僕は基本的に「大手かベンチャー」で悩んでいる方には

大手をオススメしています。

 

それでも「大手よりベンチャーの方が成長できると思うんです」という方には

前回あたりに書いたことを伝えています。

 

「それでも、それでもベンチャーに行きたい!!」と言う方なら

もう覚悟は決まっていると思うので、「がんばれよ!」と伝えています。

 

ただ、今まで50人くらい相談を受けて

「それでも、ベンチャーいきます!」と言った学生は一人もいません。

(2017年3月時点)

 

 

こんなことを話すと「こいつベンチャー嫌いなんだな」と思われそうなんですが

土日や仕事終わりにベンチャー企業を手伝ってますし、

ずーっと「新規事業以外やだ!」と駄々をこねる、新しいもの好きです。

 

ただ、

 

「なんとなく大手はイケてないから」

「自分はベンチャーでも大丈夫」

 

と、考えているようで考えていない学生がベンチャーを受けると

なまじ採用ハードルが低いのでトントンと内定するけど

入社してみたら思っていたのと全然違って辞める。

ベンチャーは初任給が鬼安く、

転職後の給料は前職給料を基準に決めるため、一生薄給から抜け出せない。

 

そんな失敗を経験してほしくないんです。

 

ほとんどの学生は正社員として働いた経験がありません。

企業を見る目も養われていません。

そんな状況で人生の重大決心をしないでほしいんです。

とにかく最初は安全を優先してほしいんです。

 

どうしてもベンチャーで働きたかったら

 

「大手で全力で働き、時には軌道修正しながら、スゴい先輩から学びまくる。

 先輩が精鋭メンバーを連れて独立する時に誘われたので、

 事業の将来性、社員の顔ぶれをしっかり勘案したうえで、覚悟を決めて飛び込む」

 

この方が楽しく働けて、理想を叶えられる確率が高いと思うんです。

こんなプランもアリじゃないでしょうか? 

 

 

 

結局どんな進路を選ぼうと、困難を超えること、努力することは確実に求められるので

その時に「やっぱりあっちの道を選んでおけばよかった・・・」と後悔すると

その瞬間に心が折れます。努力を放棄します。他人を妬み始めます。

 

駄文で恐縮ですが

数年先に後悔したり苦しまないように、

しっかりと考える材料になれば幸いです。

就活相談に乗って思ったこと:無駄なOB訪問をなくすために

前回は

 

・「成長」を求めて企業を選ぶのは危険

・なぜなら「成長しているか否か」はどのみち評価できないし

・ブラック企業に利用されるから

 

という内容でした。

「じゃあ、どうやって選ぶねん!」って話なんですが

ちょっとその前に、OB訪問について思ったことも書かせてください。

 

 

人間は自分の聞きたい話しか聞かない

ほとんどの有名企業には、すでに「イメージ」があります

「企業」を「業界」に置き換えてもいいです。

 

「商社は海外勤務が多くて給料が高い!イケイケなイメージ!」

「銀行は堅実で硬い!」

「ITは裁量権があって起業家が多い!」

 

で、僕がOB訪問を受けて感じるのは

「大半の方は企業に対するイメージを「確認」するために来ているなー」

ということです。

 

たとえば僕が所属する会社は、とにかく起業家を多く輩出したり

新規事業が盛んなイメージがあります。

 

だから話を聞きにくる方からも

「どうしてそんなにたくさんの方が起業するんでしょう?」

「やっぱり起業家として成長しやすい環境なんでしょうか?」

 

といった質問が多い。

 

これの何が問題かというと

「実際、どんな話を聞けたら就職先を決められるの?」が定まっていないから

OBの意見が割れた時に、自分に都合の良い話しか聞かなくなって

すでに植え付けられたイメージをなぞるだけで終わるんですよね。

 

たとえば僕が「成長できるよ!新規事業たのしいよ!」と言って

別の方が「いや、そうでもないよ」と言ったら

OB訪問なんて母数の限界があるから、

 

「どっちの意見が真実なんだ?」

 

と、判断つかなくなります。

 

すると

 

「あの人のほうが活き活きしてたから、あの人の意見を参考にしよう」

「あの人はイマイチそうだったから、参考にならないな」

 

とか相手の印象によって発言の浅深を左右してしまったり

 

「とはいえ◯◯社は他の会社より楽しそうな人が多かった」

 

とか、本来は少ない母数で出せないはずの結論を無理やりこじつけたり

 

せっかく得た一次情報を「自分の中の既存イメージで塗り替える」

という作業が発生してしまいます。

 

とても勿体ないです。

 

 

「社風が合う」は考えないほうがいい

中にはこんな方もいます:

 

「◯◯社で働く人とたくさん会って、社風が合うか確認したいんです」

 

でもOB訪問で話せるのはせいぜい1時間程度。

それってあくまで「第一印象」です。

「カフェで雑談」という限定的な状況だし

その時に感じたことが「一緒に働く」際も変わらない保証はありません。

 

それに、やはり大半の方が

「自分の中の事前イメージ」で相手の印象にバイアスかけてしまうのではないでしょうか。

 

基本的に物事は「何を言うか」より「誰が言うか」です。

 

「つまづいたっていいじゃないか、人間だもの」は

みつをが言えば「名言」

その辺のオッサンが言えば「泣き言」です。

 

実は経歴で完全にウソをついていたキャスター「ショーンK」だって

「戦略コンサル出身」って事前イメージがあったからこそ

何を言ってもそれなりに筋が通って聞こえたわけですよね。

 

人は驚くほど「誰が言うか」に引っ張られます。感情の生き物です。

 

だから「IT業界はイケてる人が多い」という事前イメージで話を聞くと

 

「こないだ表彰されて〜」みたいな話を聞くと

 

うわー!「やっぱり」この人スゲー!と

自分の中にある事前イメージをなぞって過大評価する可能性が高い。

 

実際は「表彰」とはいえ社内表彰なんだから

社内表彰が多い会社なら当然受賞する人も増える。そんなにすごくない。

 

社風に関しても

 

「◯◯社は溌剌とした行動的な人が多いはずだ!」

 

という事前イメージで話を聞いていると

その通りの人に会うと「やっぱりそうだよな!」と納得し

そうでもない人に会うと「この人は例外だな」と排除する傾向があります。

 

だから自分が憧れている会社だと、

 

・事前イメージに合った人の話は5割増

・事前イメージに合わない人の話は5割減

 

で聞いてしまい、あんまり意味のある情報が聞けなかったりします。

(聞いてるんだけど、自分の中に受け入れていない)

 

 

で、結局なにを聞いたら決められるの?

「いや、俺はどちらの意見も冷静に客観的に聞いてるよ!」

という方もいるかもしれません。

 

そういう方は、こんなパターンで行動することが多いです:

 

・まずはいろんな業界の話を聞いて見聞を広める

・ピンと来た業界があれば、その業界の人から話をたくさん聞く

・その中で1位、2位あたりの会社の人から話をたくさん聞く

・いつかはフィーリングの合う会社が見つかるはず!

 

で、そういう方とお話する時にいつも僕が聞くのがコレ:

 

「結局、どんな情報が得られたら就職先を決められるんですか?」

 

未だに一発で答えられた方はいない気がします。

 

でも、ここを決めないと無限ループにハマります。

30人、40人と会ってもフィーリングの合う人が見つからず

自分が疲れるまで活動したところで適度にきりあげて

 

「ま、あそこの会社が一番よさげだったな」

 

という印象で選んでしまいがちです。

これ、もう選択じゃなくて妥協ですよね。

 

事前にゴールを決めておかないとダメです。

 

比較可能な状態にする

しかも「フィーリング」とか、比較不可能なものですよね。

 

A社のフィーリングは78点、B社は81点とか、定量化して比較できないので

結局フィーリングで選ぼうとすると

「うわーA社とB社、どっちにしよう〜」と悶え苦しんだ末に妥協します。

 

だから自分が得た情報を比較可能な状態にすることが大事です。

いま流行りの定量化ですね!見える化ともいうんでしょうか。

 

だから順番としては

 

自分はどんな情報があれば就職先を決められるのか。

その情報を定量化すると、何になるのか?

その情報を得るためには、OB訪問で何を聞けばよいのか。

 

 

この順番で考えないと、意味のある(意思決定につながる)質問はできません。

 

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

たとえば僕がもう一度就活できるのであれば、こんな思考を辿ると思います:

 

・自分が好きなことは何か?

 →自分が考えたり作り出したもので人を笑わせること

 

・自分がどうしても我慢できないことは何か?

 →自分が納得していないことをやらされる事

 

・それを避けるためには、どんな仕事に就けばよいか?

 →自分で決断する回数が多い仕事

 

・どんな商材、会社ならその仕事ができそうか?

 →価格の高い商材は意思決定が超大になりやすいので、価格が安いこと。

 →商品のライフサイクルが短いこと。

 →変更を加えたり、切り戻しが容易であること

 →最終意思決定者が多いこと。たとえばプロジェクト制の会社

 

・どんな質問をすれば「自分で決断できる会社か否か」を判断できるか?

 →「最近1週間であなたが下した、一番大きな決断を教えてください」

 →「1日に何度、決断をしましたか?どんな決断をしましたか?」

 →「他人に許可を求めず自分の裁量権で決断したケースを聞かせてください」

 

このあたりの質問を用意して

「決断の回数」の多寡をOB訪問で確認します。

 

A社:

決断回数0回

自分の裁量による決断0回

1週間で最大の決断は「昼飯」

 

B社:

決断回数50回

自分の裁量による決断20回

1週間で最大の決断は「クライアント企業の新卒採用戦略」

 

 

こんなもん、迷いなくB社いくわ。

 

という具合に、簡単に決断できます。

 

自分にとって大事なことを明確にして

それを比較可能な状態にして

一次情報を集める

 

このプロセスさえ外さなければ、そんなに決断は難しくないです。

 

 

 

まとめ

すごく長くなっちゃってごめんなさい!

まとめると

 

・人は感情の生き物。そこを自己認識せず事前イメージに沿った話しか聞いてないと

 そもそも訪問している意味がない。

 

・「社風が合う」「フィーリングが合う」とか曖昧な基準でOB訪問してると

 無限ループにハマって、選択ではなく妥協に追い込まれる

 

・じゃあどうするのか?

 

 1:自分にとって大切な価値観を決める

 2:それを比較可能な状態に落とし込む

 3:一次情報を集める

 

 

こんな流れで考えてみれば、会社選びの悩みが楽になるかもしれません!

 ぜひお試しくだされ〜

就活相談に乗って思ったこと:成長なんてしなくていいよ

最近、よく就活相談を受けます。

 

人材業界に携わっている身として

20代の青二才にしては色々と失敗や成功を見ているので

就活生の相談を受けて気になったことを少しずつまとめてみたいと思います。

 

「成長」という言葉に騙されないでほしい

「最近の若者は冷めてる!」とか言われてますけど

実際は、めちゃくちゃ熱い若者が大勢います。

(冷めてる、と言う側がそれを引き出せていないだけでは?)

 

「この会社なら成長できると思ったんです!」

「将来起業したいので、そのために必要なスキルを身につけ成長したいんです!」

  

その滾る向上心は見ていて心地よいし、とても応援したいと思うのだけれど

 

「成長、なんて曖昧な観点で人生を選んで、苦しまないかなぁ」

 

という点だけが、とても心配です。

 

「成長」って、そもそも評価できなくね?

そもそも自分が成長しているか、なんて、どうやって判断するんでしょう?

自分の能力と外部要因を、どう切り分けるんでしょう?

 

「営業成績が上がったから成長している」と言っても

好景気なら大半の人が成績上がるし

働くうちに会社の知名度が向上して受注しやすくなってるだけかもしれないし、

営業を続けることでリピーター、つまり効率的な受注が増えているだけかもしれない。

自分の能力なのか、その他の影響なのか判断つかないですよね。

 

「周囲に評価されるようになったから成長している」と言っても

周囲の要求する人材に近づいているだけだったり、

周囲との交友が深まることで評価が甘くなっただけかもしれません。

実はまったく成長していないかもしれない。

 

「資格を取ったから成長している」と言っても

資格を取るために必要な知識が身についただけです。

「知識の多寡=成長」と決めるのなら、いいのかもしれませんが・・・

 

 

とか考え始めると、「成長」ってなんぞや?

という疑問に戻ります。

 

何週かぐるぐる考えると「成長の定義は人それぞれだよね」と

結局は自己評価に落ち着きます。

 

すると自己評価の高い人は「おれ、成長してる!」と都合よく自分の定義に合わせて自惚れ、

自己評価の低い人は「おれ、成長してない・・・」と自己否定を繰り返す。

 

どちらにせよ「成長」とかいう雲みたいなふわふわワードに踊らされ続けるわけです。

 

成長しているのか否か、全く判断がつかない。

でも、成長のために努力する。

 

目隠ししたまま全力失踪してる感じですよね。

電柱に激突しないか心配です。

 

「起業家をたくさん輩出する」ことは成長を意味するんだろうか

起業家をたくさん輩出する会社で働きたい!

そこで起業スキルを身につけて成長して、いつか起業するのが夢なんです!

 

という人がいるけど

 

そもそも起業って手段なので、目的にしちゃダメです。

なんなら、鼻くそほじってテレビ見てる僕だって、これから起業できます。

手続きさえ間違えなければ誰でも起業できるので。僕はたぶん間違えるけど。

 

起業しなくてもやりたいことを実現する方法はいくらでもあるし、

「起業」に固執するでない!という手始めの助言。

 

起業家を多く輩出するのは本当にその会社で「成長」しているから?

たとえば某有名IT系の人材企業を例にとると

従業員数が多くて離職率が高いので、そもそも「輩出する人」が多い。

かつIT業界は起業しやすいし(一人でサービス作れるし、フリーランスの需要も強い)

人材業は一人でも斡旋免許とって起業できるので

 

・そもそも辞める人が多い

・「IT」「人材」は起業しやすい

 

もともと起業する人が出やすい組み合わせなだけでは?と思ったり。

(昔は少し事情が違うと思いますが、少なくとも最近は)

 

「この会社では活躍できない」と苦しんだ末に起業した人も

中には居るかもしれませんよね。

 

だから「起業家が多い」というのは

必ずしも自分が成長できることを意味するわけではないよ、

ということをよく伝えています。

 

「成長」は隠れブラック企業に利用されやすい

あと「成長」をフックにした洗脳は隠れブラック企業の十八番です。

 

0:「お前たちは優秀な集団だ!」と選民意識を醸成する

  (明らかに優秀集団を確保できない企業はこのステップを飛ばす)

 

1:厳しく叱責して心をへし折ろうとする。自尊心を崩壊させる

 

2:本格的に壊れそうになったら「お前は成長している!すごいぞ!」と褒める

 

3:適度に表彰したり盛大に盛り上げて達成の快感を覚えさせる

 

4:0〜3を後輩に課すよう教育する

 

 

「ブラック企業」が隠すつもりもなく労働者をこき使うのに対し

「隠れブラック」は「成長」をニンジンとしてぶら下げて

それに釣られそうな「学歴コンプレックス」「自己承認欲が強い」「素直」

あたりの人材を集団採用して(周りがガンバるから俺も!を演出するため)

 

「本人は無自覚だけどこき使われてる」

 

という状況を巧みに作り出します。

 

うーん、、、、なんでひっかかっちゃうんだろう。

「成長」という、どのみち評価できない指標のために

死ぬ気で働く必要はあるんだろうか。

 

 

「成長」で選ばないほうがいいよ

 

「成長」というものは

 

・正確に評価できないし

・利用されやすい

 

から、これを一番の理由に会社を探している就活生は

本当に気をつけて欲しい。

 

ありもしないツチノコみたいなものを追いかけて

自分の人生を操られないで欲しい。

 

 

「じゃあ、どうやって選べばいいんだよ!」

 

って話だと思うのですが

それはまた次回・・・!