薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

(7/30)第6回:清澄白河のカフェで読書会

夏ですね!

猛暑に加え、最近はカルピスのCMを見ると胸キュンで死にそうになる松原です。

www.youtube.com

 

甘酸っぺぇ・・・

 

さてさて、本日の読書会の様子をお届けします。

 

■読書会とは?

(大体隔週)土曜日の朝9時にカフェで開催(無料)、本を読むのが好きな人が自分の好きな本を持ち寄り、本についてゆる〜く自由に話す場です。

 

■第6回の様子

さて、今回紹介された本は以下の通り:

f:id:shun10982:20160730215801j:plain

・神様 川上弘美

・29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた 葉山アマリ

・神の守り人 上橋菜穂子

まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

・プチ哲学 佐藤雅彦

・戦場のコックたち 深緑野分

・呼吸による癒し ラリー ローゼンバーグ

ブッダの瞑想法 地橋秀雄

 

第1回の頃は実用書とビジネス書が7割くらいだったと記憶していますが、最近は小説が増えてますね!

 

■プチ哲学

個人的に今回紹介された中で一番ハマったのがプチ哲学。

こんな感じの例がいくつか出てきます。

f:id:shun10982:20160730220745p:plain

f:id:shun10982:20160730220756p:plain

 

とか

 

f:id:shun10982:20160730220538p:plain

 

とか、非常にキュートな絵柄で4コマ漫画的に哲学的テーマが取り上げられます。絵を見ると様々な解釈が生まれて話が広がるので、とても読書会向きな本だな〜と感じました。

 

例えば3枚目の電池くんを見て「自分の事は他人の方がよく見える」と解釈する人もいれば「自分が何者かは自分で見つけるしかない」と解釈する人も居ます。でもそこで議論が始まる訳でもなく「そういう見方もあるか!」と、何となくお互いの発言をゆる〜く咀嚼して乗っかり合う。

 

何でも思ったことを気軽に言える、ゆる〜い読書会を今後も続けていきたいと思います。朝から清澄白河まで遠征して議論するとか、もはや苦行ですもんね…笑

 

さてさて!

まだ次回の開催日が未定ですが、出来れば次回は別のカフェで開催してみたいですね〜。

 

www.meetup.com