読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

ブラック企業の本を読んだから口直しに最高の仕事を探してみた

こんばんは。どぅわなです。

 

本日は読書会で「狭小邸宅」という本を交換してもらいました。

元の持ち主が「心が弱っているときは読まない方が良い」とハリーポッターに出てきそうな設定を話していましたが、幸い僕はポジティブ思考なので大丈夫だと思います。

早速、お風呂上がりに一揆読み。激しく後悔しました…

 

f:id:shun10982:20160820210651p:plain

 

■三行あらすじ

・主人公の不動産営業マンが上司にシバかれながら家を売る

・本気で仕事に打ち込むようになり、少しずつ仕事の楽しみを感じ始めるが

・心をヘシ折られる

 

■読みどころ

目標に達しない営業マンに対する上司の罵詈雑言、理不尽な暴力。数字を出せず、心を蝕まれていく同僚。そんな異常環境で主人公の体と心がゆっくりと壊れていく描写は、読んでいて胃がキリキリするほどリアル。読書して胃に穴が空きそうになった。

 

■感想

救いがない。原作者:虚淵玄?と思った。

 

理性で考えれば明らかに「退職した方が良い」と答えが出ているにも関わらず、その居場所すら手放すのが怖くて辞められない主人公の弱さ、そこに付け入る周りの人間の弱さ、容赦ない言葉を浴びせる客の弱さ…

出てくる人がみんな弱くて不安を抱えているが故に、やり返されない安全地帯から他人を傷つけることで自分の居場所を確認している。そんな弱さの連鎖を見せつけられる、非常に沈痛な一冊でした。

寝る前にどえらい本を読んでしまった…

 

■口直しタイム

とはいえ、世の中そんな酷い職場ばかりではないはず!そんなわけで、世の中にはこんな楽しい仕事があるんだよ!という口直しタイムを始めます。いってみよう!

 

 ・グーグルストリートビューを撮影する仕事

f:id:shun10982:20160820213606p:plain

みなさまご存知のGoogleストリートビュー

地図上に人のアイコンを移動させると、どんな場所でも風景が見れますよね。

実はコレ、世界中を車や自転車で周りながら写真を撮影しているスタッフがいるのです。

 

googleストリートビューは全世界を網羅するのが目的なので、こんな美しい風景まで撮影しています!

<モニュメントバレー>

f:id:shun10982:20160820213817p:plain

波照間島

f:id:shun10982:20160820214158p:plain

自転車で世界中を旅しながらお金をもらえる、最高の仕事ですね。

多分バーチャルリアリティが盛んになってくると、普通の人が行けない場所、たとえばジャングルとか砂漠の360度映像を撮影する事に改めて価値が生まれるので、探検家みたいな職業が再注目されるかもしれませんね。

 

・無人島の管理人

f:id:shun10982:20160820214559p:plain

昔オーストラリア政府がグレートバリアリーフを宣伝するために、「無人島でのんびりする様子をブログにアップするだけの仕事」の候補者をWEBで募集して、大注目された事がありました。

 

allabout.co.jp

 

googleストリートビューのように世界中を放浪するのが嫌な人は、こんな仕事ならいかがでしょう?当時このキャンペーンを僕が知っていたなら偽アカウントで一万回は応募したと思います。

 

 

 

 

まぁ何を言いたいかといいますと…

世の中にはいーっぱい仕事あるんですよ。

色々試してみないと、本気で向き合いたいと思える仕事は見つからないと思います。

かくいう僕も一度転職を経験して、今の会社に出会えて本当に良かったと感じています。

 

もしこの本の主人公に会ったらそう言ってあげたい…と締めくくりたいけど、言ったらぶち殺されそうなのでやめておこう…