読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

ブロックチェーンを「うんこを漏らした時」に例えて説明してみた(後編)【TEDの分かりやすいまとめシリーズ:3】

www.ted.com

※直訳はしてません!漏れもあるし、勝手に私見を加えているところもあります。

※正確に翻訳するというより、見て思ったことを書いている感じです。

※生暖かい目でみてやってください^^

 

前回までのまとめ:

tokyo-booklub.hatenablog.com

<一言でいうと>

ブロックチェーンは改ざんされにくい

 

  

 ブロックチェーンで世界は平等になる

ブロックチェーンが普及すると社会的な格差が小さくなり、平等な世の中に一歩近く。

5つほど例を挙げて説明しましょう。

 

 1。え?俺の土地じゃないの?

実は世界の70%の人々は、自分のものだと思っている土地を所有していません。

自分の土地だと思っていたら実は他人が抵当権を入れていた、なんてことがホンジュラスでは大問題になっています。

 

自分の土地を持っていないと、土地を担保にお金を借りることもできず、深刻な経済的打撃を及ぼしていると指摘されています。

 

これはブロックチェーンで解決できます。

ブロックチェーン上の記録は確実ですし、共有されていますから、システムによって管理者が違う、なーんてことにはならないのです。

 

 2。本当のシェアリングエコノミーが生まれる

ブロックチェーンに保存できるのは残高だけではありません。

 

その人の信頼評価なども記録できます。

 

すると、UBERAirbnbみたいな仕組みは不要になります。

 

なぜなら、こういったサービスは登録者の信頼情報を集め、それをサービスとして売っているにすぎないからです。

 

※言われてみれば白タクを「こいつは信用できる!」って認定しているだけですもんね

 

信頼情報がブロックチェーンに載せられたら、誰もがブロックチェーン上で部屋や車を貸し借りできるようになる。支払い記録も、信頼記録も、ブロックチェーン上で完結するのです。

 

 3。愛する家族へ仕送り

発展途上国の仕送り市場は6,000億ドルとも言われています。

これほど大勢の人が、祖国を出て、異国で稼いだお金を家族に送金しています。

 

その10%、実に600億ドルがむしり取られているのが現実です。。

 

しかも口座を開くのに47時間、送金手続きに5時間かかる。

 

ブロックチェーンなら一瞬。手数料は2%で済みます。

このインパクトは説明する必要もありませんね。

 

 

 4。プライバシーを取り戻せ!(クリスタル・キング)

我々は何をしても、デジタル上に自分の行動履歴を残しています。

「デジタル・パンくず」と呼びましょう。

 

1年前に何を買ったか、どこにいたか。

 

あなたの様々な情報が、国や企業にかき集められています

 

そういった情報は信頼評価に必要だからこそ価値を持つのです。

 

でも、ブロックチェーンの世界では、そんな情報は不要です。

 

確実に不正のない送金が実現される以上は、あなたが誰だろうが関係ないのです

すると情報が価値を失うため、国や企業は「パンくず」を拾うのをやめ、我々にはプライバシーが戻ってくる。

 

そんな世界を実現しようではありませんか(パチパチパチ)

 

※やっぱアメリカ人ってプライバシーに対する意識がとても強いですね!

 

 5。アーティストが蘇る

近年のアーティストほど、むしり取られている人たちは居ない。

 

25年前ならミリオンヒットを出したアーティストは45,000ドル稼げましたが、今は36ドルしか稼げないのです。ピザを買って終わりです。

 

そんな中、ブロックチェーン上に音楽を乗せてしまう動きが活発化しています。

すると、ダウンロードと支払いが連動しているので、アーティストは海賊版を売られることや中間搾取されることなく、自分の作品にお金を支払ってくれたユーザーに直接音楽を届けられるようになるのです。

 

 

※この辺り、ちょっと分かりにくいですよね。

タイトル詐欺と言われないよう、あえてウンコに例えて説明します。

 

あるところに、悪いまつばら君(僕)が居たとしましょう。

 

まつばら君はCDを買って、聞くだけ聞いたらコピーしてバラまきました。他の人はバラまかれたCDを聞いてしまうので、CDを買う人がいなくなってしまいました。

 

これがネットの世界では起きているわけです。

 

では、もしCDに強靭なウンコがへばりついていたらどうでしょうか?

ウンコがついたCDは再生できません。

そして、このウンコはCDを買った人のみプレゼントされる特殊洗剤でしか落とせない。

 

すると、CDをコピーしてもウンコがついているので

洗剤を持っていない人はCDを再生できないわけです。

 

CDをコピーする時に、再生を妨げるウンコもコピーしてしまうのが、ブロックチェーンの技術なのです。

 

いまだかつてこれほど下品な例えでブロックチェーンを説明した人間がいるでしょうか。先祖に顔向けできません。本当に申し訳ございませんでした。

 

 

 

平等を取り戻せ!(またクリスタル・キング)

いかがでしょうか?

ブロックチェーンは、世界に平等を取り戻すための技術なのです。

みんなで頑張ろう!

 

パーチパチパチ「ヒューヒュー」(おわり)

 

 

※こっから下は僕の戯言なので忙しい人は無視してね!

 

ブロックチェーン、なんかわかったような気分になりますが

説明されるほどに意味がわからなくなる。

 

もっと真剣に考えてみたいのですが

パソコンの見過ぎで目がショボショボするので諦めます。

皆様も画面を見すぎず、適度に遠くを見て目を休めてくださいね!