薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

ノルウェーが68頭しか居ない野生オオカミの駆除をしたがる理由

f:id:shun10982:20160922124812p:plain

我が家の愛犬にはオオカミの片鱗が欠片も見当たりません。

読書会アプリ「Ohanashi」中の人です。

 

ノルウェー政府が野生オオカミの駆除を決定しました。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

残り68頭しか居ない野生オオカミの70%を駆除するらしい。

絶滅寸前の種族にトドメを刺しかねない決定の裏には何があるのでしょう?

 

f:id:shun10982:20160922134548p:plain

ノルウェーってほんとキレイだな・・・)

 

表向きは「ヒツジなどの家畜が襲われることによる損失回避」だそうですが

 

毎年死ぬヒツジの数:10万頭

野生オオカミの数:68頭

 

仮にヒツジの死因の10%がオオカミだとしても

オオカミ1頭あたりヒツジ200頭は狩らないといけない。

戦国無双か。

 

 

つじつまが合わないのでノルウェーのデータをなんとなく眺めてみたら

日本と状況が似てた:

 

1。農業のGDP貢献度が低すぎて笑う

 ・ノルウェーGDP全体の2%

 ・日本:GDP全体の1%

 

2。従事者が少なくて笑止

 ・ノルウェー:就業人口の4.8%

 ・日本:就業人口の3.7%

 

3。なのに補助金が手厚すぎて抱腹絶倒

f:id:shun10982:20160922115925p:plain

生産額の5割以上が補助金

 

Agricultural census in Norway - Statistics Explained

 

 

こんだけ補助金もらってる主な理由は2つじゃないかな、と。

 

1。従事者の高齢者比率が高い

特に日本は農業従事者の年齢が高く、

大体どの国でも高齢者ほど参加意識が高い。

政治参加意識が高い業界ほど優遇されるのは当然ですね。

 

2。昔ながらの産業だから

古い産業ほど有利だと思う。

だって、一度出し始めた補助金を打ち切るのって難しいから。

 

解決すべき問題があって補助を始めるわけですから

補助を止めるためには、その問題が解決されている必要があります

 

たとえば農業なら生産性が充分に上がってる必要がある。

「充分ってどう判断するの?」

「どうやって生産性を正しく測るの?」

「どう説明するの?政党が支持を失わない?」となり

 

「めんどいわ。補助続けとこうか」となるわけです。

 

 

参考までに「業界ごとの補助金額」と「業界従事者の平均年齢」の

散布図を出したら綺麗に相関しました。

f:id:shun10982:20160922123756p:plain

 

やはり高齢者の多い業界ほど補助金が多いことがわかりますね。

 

 

 

・・・

 

 

今このグラフを「すっ」と読み飛ばした方は今後の人生、要注意です。

 

逆にカンの良い方は気づいたかもしれません。

 

平均年齢10歳の業界ってなに?と。

平均年齢90歳の業界ってなに?と。

 

 

ごめんなさい。グラフ捏造しました。

だって業界ごとの補助金なんてどこにもまとまっていないんだもん・・・(・ω・`)

 

こんなグラフ出されたら困る人がいっぱい居ると思いますが出たら面白いですよね〜

そして頑張れば出せるのでしょうが、もちろん、面倒臭いからやらない。

 

 

 

でもとりあえず補助金割合の低いアメリカの農業従事者の年齢比はこんな感じだし

 

f:id:shun10982:20160922123107p:plain

 

 

調べたら相関するんじゃないでしょうか?めんどうくさいけど

 

 

 

そんでなぜノルウェーが野生オオカミを駆除したがるのかって話ですが

最近ノルウェーは石油に代わって観光立国ってことで

自然保護がすごく厳しいです。

釣りをするにもライセンスが必要だし。

ノルウェー旅行した時、これを知らずにワカサギ釣りして捕まるとこだった。

 

 

とはいえ国民の負担を強いることに間違いはないので

おそらく既存産業から強い反発を受けながら進めているのではないでしょうか。

 

しかし、そんな保護運動が多くの国民の支持を受けてるもんだから

ちょっとでも抵抗したい!最後っ屁かましたい!って人が

オオカミ駆除というジャブをかましてるんじゃないか?と

 

ノルウェーは地方と都市の対立構造が顕著なので

ノルウェーの政府としてはこう思ってるんじゃないですかね。

 

「対立を悪化させたくないし、オオカミくらい良いか・・・」

 

そんな人間の勝手に振り回されるオオカミたちは

生まれ故郷のスウェーデンに帰って

ひっそりと幸せに暮らして欲しいですね・・・

 

 

 

他にはこんな記事が読まれているらしい:

なぜイギリスのマクドナルドはカッコいいのか 

 

イギリスの家はなぜ暗いのだろう

 

インド版シリコンバレー「バンガロール」の女子中学生が「おつり募金アプリ」を作る