読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

本を読んでも眠くならない場所はどこ?

レベル300の睡魔を体内に宿しています。

読書会アプリ「Ohanashi」中の人です。

 

突然ですが、本を読んでいると、めちゃくちゃ眠くなる時ありませんか?

そのまま寝てしまうのも幸せなのですが

「せっかく本を読もうと思ったのに・・・」と後々、罪悪感に苛まれてしまいますよね。

 

特に僕は入社初日、

先輩から仕事を教わりマンツーマンで話しながら寝てドン引きされるくらい強い睡魔を宿しているので、しっかり本に集中できる環境は重要です。

 

そこで、どんな場所なら本を読んでも眠くならないのか、もしくは集中できるのか、ちょっと調べてみました:

 

静かすぎてもうるさすぎてもダメ

一番の定番は図書ですが、「図書館は静かすぎて集中できない!」という方も多いのではないでしょうか。

f:id:shun10982:20161004075436p:plain

 

実はこれには科学的な裏付けがあって、人間が最も集中できるのは70デシベルの雑音に囲まれた環境なのです。

 

「昔からカフェとかファミレスのほうが集中できた」という人は、ちょうど70デシベルの雑音を求めていたのかもしれませんね。

 

ちなみに70デシベルってどんくらい?という話なのですが

目安①
(うるささ)
目安②
(身体/生活への影響)
騒音値(db)騒音発生源と距離(大きさの目安)
きわめてうるさい 聴覚機能に異常をきたす 120db ジェットエンジンの近く
120db ・飛行機のエンジンの近く
110db ・自動車のクラクション(2m)
100db ・電車が通るときのガード下
・液圧プレス(1m)
うるさくて我慢できない 90db ・犬の鳴き声(5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内中央)
・ブルドーザー(5m)
80db ・地下鉄の車内
・電車の車内・ピアノ(1m)
・布団たたき(1.5m)
・麻雀牌をかき混ぜる音(1m)
うるさい かなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない 70db ・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭・セミの鳴き声(2m)
・やかんの沸騰音(1m)
非常に大きく聞こえうるさい、声を大きくすれば会話ができる 60db ・静かな乗用車
・普通の会話  ・洗濯機(1m)
・掃除機(1m) ・テレビ(1m)
・トイレ(洗浄音) ・アイドリング(2m)
普通 大きく聞こえる、通常の会話は可能 50db ・静かな事務所
・家庭用クーラー(室外機)
・換気扇(1m)
聞こえる会話には支障なし 40db ・市内の深夜
図書
・静かな住宅地の昼
静か 非常に小さく聞こえる 30db ・郊外の深夜
・ささやき声
ほとんど聞こえない 20db ・ささやき
・木の葉のふれあう音

 

セミの鳴き声、やかんの沸騰音、騒々しい事務所が70デシベルのようです。

 

 

つまり集中するためには家の中でセミを飼って

ヤカンを3つくらい同時に沸騰させれば良いのでしょうが

こんな部屋で読書してたら確実に気が狂いそうです。

 

f:id:shun10982:20161004075509p:plain(セミ) 

 

ちなみに60デシベル、80デシベルを見てみると

「地下鉄の車内」「布団をたたく音」「麻雀牌をかき混ぜる音」「トイレを流す音」「掃除機」などが挙がりました。

 

なんかところどころ、例が渋いですよね。

100dbの「液圧プレス」とかどんな音なのか全くわからん。

 

70デシベルを参考に読書場所をあげてみる

それでは70デシベル、もしくは適度な雑音が得られる読書場所をいくつか挙げてみたいと思います。

そして分かりやすくなるので適当にランキングをつけておきます。

 

5位:地下鉄の車内

f:id:shun10982:20161004075814p:plain

これ意外とアリなんじゃないでしょうか?

騒音もちょうどいいレベルだし、1時間くらいで終点に着いてメリハリつくし

ただし山手線みたいな終点のない電車に乗ると延々グルグルして気づいたら30年くらい経ってた、なんてことにもなりかねないので注意が必要です。

 

あと大江戸線のような新しい地下鉄はトンネルが狭くカーブが多いため、死ぬほどうるさいです。

田園都市線半蔵門線あたりがオススメです。日の光も浴びられて健康。

中央林間と押上をひたすら往復しましょう。

 

4位:騒々しい事務所

1ミリも知らない会社のオフィスに侵入して本を読んでたら捕まる

自分の会社に読書のためだけに行くのもイヤですよね。

 

さすがに事務所に入るのはアレなので

大きい会社のロビーとか、どうでしょう?

適度に人通りもありますし、広くて開放的ですし。

 

ちょっとロビーとは違うかもしれませんが、恵比寿ガーデンプレイスとか

f:id:shun10982:20161004080059p:plain

 

品川インターシティが広くて緑もあって、オススメです。

f:id:shun10982:20161004080026p:plain

 

3位:高いところ

バカと煙は高いところに上る、ではないのですが

単純に標高の高いところで読書すると、疲れた時にふと景色を楽しんで気がまぎれるのでオススメです!

 

無料で入れて、かつ座れる場所というと

渋谷ヒカリエとか

f:id:shun10982:20161004080220p:plain

 

新宿都庁あたりがオススメです。

f:id:shun10982:20161004080232p:plain

 

2位:川沿い

ちょっと70デシベルからは離れますが、川沿いもオススメです!

適度なせせらぎと風が気持ちいい!

もちろん冬は凍えるので使えない場所なのですが・・・

f:id:shun10982:20161004080125p:plain

 

1位:港

高揚した旅行客で適度にザワザワした港。

彼方から太平洋を渡ってきた巨船の汽笛もかすかに聞こえ

耳をすますと波打ちの音、カモメの声も聞こえる。

個人的には船の港がベストです。ここに勝る読書場所はありません。

 

ちなみに「横浜の大さん橋が一番。

もう、僕にとってのソウル・プレイスです。

異国情緒もちょっと味わえるし、最高です。  

f:id:shun10982:20161004081322p:plain

まとめ

地下鉄の車内、オフィスのロビー、船の港など、適度な雑音がある場所が良さそうです。

もし出かけるのが億劫、もしくは天気が良くない場合は

室内でセミを飼ってヤカンを火にかけるのが吉。

 

これで明日から寝落ちしない読書ライフを満喫できますね!

眠くならない場所で読書を楽しみましょう〜

 

 

他にはこんな記事が読まれているらしい

tokyo-booklub.hatenablog.com

 

tokyo-booklub.hatenablog.com

 

tokyo-booklub.hatenablog.com