読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

ことわざが古くなってきたので現代に合わせてみた

f:id:shun10982:20161018213536p:plain

花はトゲがあるし鳥は糞をかけてくるので風と月がオススメ。

読書会アプリ「Ohanashi」中の人です。

 

言葉遊びの極致:ことわざが面白すぎる


僕は「ことわざ」が大好きです。

誰もが共感する情景や物事に気づく洞察力、
それを端的に印象付けて覚えさせる納得感、
数百年を経ても語り継がれる表現力。

そして、思わず昔の風景や生活に思いを馳せてしまう、どこか望郷の念にかられる例え方。

 

カモネギ表現の妙


例えば「カモがネギを背負ってくる」

 

これを初めて聞いた瞬間

 

ビリビリ!!!

 

と全身に衝撃が走ったのを今でも覚えています。


う、うますぎる!!

 

カモネギ鍋の旨さ、カモがネギを背負っている可愛らしさ、

「そんな美味い話があるか!」と突っ込みたくなる気持ち。

そんな複雑怪奇な感情が、わずか1行でストンと腹に落ちる快感。

 

先祖達の想像力と言語化力に感服です。


しかしことわざは少し古いのではないか


でも、ことわざって少し古くて時代に即していないんですよね。

今時そんなにカモネギ鍋も食べないし、

野生のカモを見て「取って食べよう!」って思う人も少ないし。

 

そんなことわざ達を現代風に置き換えると、どうなるのでしょうか?

満員電車のなか身動きも取れず、あまりにヒマすぎるので考えてみました。

 

一部ことわざじゃないモノも入ってるけど、僕バカだから許してちょ。


ことわざを現代に合わせて少し変えてみると・・・

灯台下暗し→カバンの中にusb

usbが見つからないー!と探していたらカバンの中に入っていた様。

最近の灯台は下も結構明るい。

 

例「わが社にこんな逸材がいたとは・・・まさにカバンの中のusbだ」

 

帯に短し襷に長し→iPad

中途半端で役に立たないことの例え。
携帯としてはデカすぎて、パソコンとしては不便な様。

 

例「お前はiPadか」

 


四面楚歌→途中参加の新人研修

もう楚の国は滅びたので、若干古い。
既に仲の良いグループに合流したら周りが敵だらけのように思えて、べらぼうに気まずい様。

 

例「恋人の実家で過ごした1日は、途中参加の新人研修のようだった」

 


50歩100歩→SuicaとPasmo

過去の偉人たちにとっては50歩も100歩も変わらなかったかもしれないが、

200kgのバーベルを担いでいたらエライ違いになる。

必ずしも当てはまる表現ではないので、もっと違いのわかりづらいモノで代替。

 

例「高級ワインとカップ酒を飲み比べたが、ぶっちゃけSuicaとPasmoだった」

 


五里霧中→機器夢中

一里が3.9kmなので、五里は約20km。

現代なら車でタラタラ走っても30分で駆け抜けられる距離なので、そこまで路頭に迷っている感じが演出できない。

代わりにスマホをいじるのに夢中すぎて周りの状況をカケラも認識できていない様で対応。

 

例「目の前で隕石が落ちても、彼は機器夢中だ」

 


武士は食わねど高楊枝→赤字企業が役員報酬

もう現代には武士が居ないので企業で代替。

お金がないのに体面を守るために贅沢をする様。

 

例「貯金がないのにキャバクラ通い。まるで赤字企業の役員報酬だ」

 


身から出たサビ→財布から出たキャバクラ名刺

最近刀の手入れをしている人って居ませんよね。

自分の犯した罪に苦しむ様を現代人っぽくすると、こんな感じ。

 

例「妻とケーキを買おうとしたら財布からキャバクラの名刺が出てきた」

 


年寄りの冷水→高校生、アフィリエイトで独立

歳不相応の危険な行いを表現しているが、今時誰が冷水をしているというのか。

高校生が不安定事業一本で食っていく方が危ないから、本当に気をつけてほしい。

悪いことは言わない、やめておきなさい!

 

例「息子がパンクロックで食っていきたいと言ったので

 「高校生、アフィリエイトで独立のようなものだよ」と諭した」

 


悪事千里を走る→悪事ツイッターを駆け巡る

最近の悪事は千里を走るどころの騒ぎではない。

千里といえば3900kmだが、今は地球の隅々まで行き届く時代。

ツイッターは本当に怖い・・・

 

例「悪いことをしてはいけない。悪事はツイッターを駆け巡る」


蝸牛角上の争い→youtubeのコメント

カタツムリの角の上で領地を争うくらい、くだらないことで喧嘩する様。
転じて、どんな動画でも必ず荒れるyoutubeのコメント欄を指す。

例「いつまでyoutubeのコメントみたいなことを言っているんだ」

 

 

ことわざを現代風にしてみた感想

うーん・・・いろんなことわざを考えたけど

300年どころか3日生き残る気がしない。

むしろ僕が明日覚えている気がしない。

 

何百年経っても語り継がれる珠玉のことわざ達は、本当に核心を深く突いていますね。

先祖の洞察力と表現力に、改めて感服しました。

 

そんな僕は満員電車の中で機器夢中です。

 

 

 

 

他にはこんな記事が読まれているらしい

www.ohanashi-no-naka.net

 

www.ohanashi-no-naka.net