薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

20代大家の賃貸日記(3):リフォーム(シャワーを設置する編)

こんばんは。

どぅわなです。

 

さて、前回までは

 

・古い家(築55年)を

・政策金融公庫から借りた事業資金で購入した

 

そんな話をしました。

 

ここで少し、部屋のスペックを紹介したいと思います。

 

1階(〜20平米):

f:id:shun10982:20170125233335j:plain

 

2階(〜20平米):

f:id:shun10982:20170125233351j:plain 

 

読者の皆様

おわかり・・・いただけただろうか・・・?

 

 

2階:

f:id:shun10982:20170125233351j:plain

 

 

 f:id:shun10982:20170125233412j:plain

ぎゃーす!!!!

 

 

そう、風呂がないのです。

 

この家はもともと、戸建てだったのです。

そこに一人で住んでいた前の大家が

 

「1階と2階の入り口を分ける工事をして、1階を賃貸にでも出すべ」

 

と言って、入り口を分けて、部屋を壁で分離したものの

 

「やっぱ、貸すのめんどくせぇべ」

 

と言って、自分で2階に住み続けるという

ひどい仕打ちを受けていたのです。

 

やはり安い家にはワケがあるのでございます。

 

 

というわけでお風呂を設置しなければいけません。

 

しかし、どう考えてもユニットバスと洗い場を設置するスペースがない。

 

前の大家よ、なぜそんな工事をしたのだ。

 

 

というわけで今回は

「風呂のない2階にお風呂を設置するまで」をお伝えできればと思います。

 

ネタバレ:

・シャワーブースで妥協する

・ガス工事はエグい

・工務店に色々と教えてもらう

 

ここに注意!

・ガスは高い

・給湯器とセットで工事を頼まないといけない?

・意外と工事が難しい

 

 

シャワーブースで妥協する

風呂はどう頑張っても入らないので、シャワーブースを設置することにしました。

 

都心にかなり近い好立地なので、僕のように友達の残飯を食って育った若者

「会社に近くて安ければ、なんでもいっすよ!」

と入居することを期待します。

 

早速シャワーブースを探しましょう。

今の時代、大体のECサイトで手に入るのですが

僕はマルコーさんで買いました。

 

シャワーは電子レンジのように「買って終わり」というワケにはいかず

業者に組み立ててもらう必要があるので

詳しそうな業者から買ったほうがいいかなー、と思ったのです。

 

さて、シャワーブース本体の他にも、こんなモノを用意しなければいけません。

 

・換気扇

・給湯器

 

換気扇は言わずもがな。

設置しないとシャワーの湯気が全部室内にこもって

カビにとっては天国、入居者にとっては地獄になります。

 

とてつもなく厄介なのは、給湯器です。

ガス工事=大家の地獄です。

 

ガス工事はエグい

まず、ほとんどのガス屋は

給湯器と工事をセットで頼まないと請け負ってくれません。

 

僕「ガス工事おねがいしますー」

ガス「はい、いつがよろしいですか?」

僕「〇〇日で!」

ガス「かしこまりました。他に何か、気になる点はございますか?」

僕「給湯器はすでに手元にあるので、それをつけて欲しいのですが」

ガス「失せな素人!カァーッペッ!!」

 

ブチッ

 

ツー、ツー、ツー、、、

 

これは大げさですが

「給湯器は、ある」と言うと、態度が豹変します。何のトリガーなのでしょうか。

工事を請け負ってくれるところ、本当に少ないです。

マージンもらっているんでしょうね。

 

f:id:shun10982:20170125233635j:plain

 

まずは依頼する前に

「設置だけでもいいか?」

という点は確認しておいたほうがいいでしょう。

 

 

そしてやっとの思いでガス工事を請け負ってくれるところを見つけても、

次の問題が立ちはだかります。

 

ガス工事は、べらぼうに高いのです。

 

ガス工事屋は

都市ガス会社の許可がないと工事ができないので

同エリア内に数えるほどしかいません。

 

競争相手がいないのです。

 

「独占禁止法?あぁ、あの庶民の法律ね(笑)」ってくらい

この業界の独占っぷりはエグいです。

 

だから、ちょっとした工事でも、

めちゃくちゃ高い金額を請求されます。

 

今回のケース:

 

例えば今回のシャワーブース設置にあたっては

お湯をシャワーに引かねばなりません。

 

しかし、給湯器が家の裏にしかつかない。

でもシャワーブースは表にしかつかない。

 

ってことは

 

ガス菅をぐるーっと一周させなければいけない。

こんな感じです:

 

f:id:shun10982:20170125233433j:plain

その工事費を見積もってもらいました。

 

 

ガス工事屋「55万円ですね」

 

 

  

 

 -------------------------

拝啓

 

父上、母上

 

某、築55年の住宅を購入して

 

100万円程度でリフォームして

 

貸し出そうと目論んでおりましたが

 

そんな野望は、ここで終わりました。

 

ガス工事だけで55万円。

 

とても、リフォームを完遂できそうにありません。

 

切腹します。

 

志半ばで倒れる愚息を、どうかお許しください。

 

母上と父上に育てられた幸せ、

 

一刻も忘れたことはありません。

 

敬具

  -------------------------

 

 

 

筆を下ろし、自刃のため脇差に手を添えた瞬間でした。

 

 

 

工務店「ちょっと待てーい!」

 

シャワーの水道接続のため立ち会ってくれた工務店さんが

こんなことを提案してくれました。

 

工務店

「ガスを這わせると高くつくから、水道を這わせてはどうか?

 家の裏手で水を温めて、家をぶち抜いて直線距離でシャワーにつなぐ。

 温まるのに少し時間はかかるけど、

 この方がはるかに安上がりなのでは?」

f:id:shun10982:20170125233334j:plain

 

この案で、ガス会社に改めて見積もりを作ってもらった結果

 

 

ガス工事屋「4万円ですね」

 

 

 

工務店に色々と教えてもらう

本当に危ないところでした。

 

こっちが家について何も知らないのをいいことに

まぁ随分と高い工事を提案してきたもんですよ・・・

 

工務店の方に教えてもらわなかったら

本当に55万円払っていたかもしれません。

 

というわけで

・水道、ガス、電気など、複数の工務店にお願いする際は、関係者を一同に集める

・同時に作業内容をすり合わせてもらう

そうすると「トータルで一番コストがかからない」手法にたどり着きやすくなります。

 

どうすれば良い工務店さんと出会えるのか?

 

運です。

 

道端のアリをできる限り踏まないように歩いて徳を積みましょう。

真摯な工務店が一つ入ってくれるだけでも、めちゃくちゃ助かります。

 

工事の内容

というわけで今回の工事を一連の流れで説明すると

 

前準備


・ガス、水道、電気の工務店を探して依頼
・同じタイミングで家を見て、作業内容を見積もってもらう
・換気扇を買う
・給湯器を買う
・シャワーブースを買う

 

作業


・シャワーブースの組み立て
・給湯器の設置
・水道管を這わせてシャワーに繋ぐ
・壁をぶち抜いて換気扇を取り付ける
・換気扇をシャワーブースにつなぐ

 

こんな感じでした。

 

ガス、水道、電気は万が一にも漏水や発火事故が起きないよう

専門化に依頼する必要があるのですが

やはり高い…!

 

そしてシャワーブースは

ガス、水道、電気を全て含む悪魔のような子なので

手間もお金もかかりました。

f:id:shun10982:20170125233318j:plain

シャワーブース単体は10万円もしないのですが

諸々の工事費が、すごく高い。

そして、非常に面倒くさい。

ということを覚えていただければと思います!

 

 

こんなことばかり書いていると「古い家って大変だなぁ・・・やめとこ」

と思われてしまうかもしれませんが

次回はようやく楽しいパート、

「壁と床の張り替え」に入ります!