読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

20代大家の賃貸日記(8)生活保護の入居者を受け入れる(後編)

生活保護の入居者を受け入れる(後編)

 

さて前回

・生活保護の方が入居する場合、大家としてどこに気を付ければよいのか

について書きました。

 

あ、ちなみに・・・

自分の発言に責任を持たず予防線を張る姑息なウジムシで申し訳ないのですが、
ここに書いてることは、全て正しいとは限りません!

重大な見落とし、誤解があるかもしれません。
だから僕の経験談は、参考程度の踏み台として使っていただけると幸いです!

f:id:shun10982:20170215052833p:plain 

入居者に合う

基本的に僕は、対面コミュニケーションを重視しています。
(なのにブログを書いているというマッハの矛盾。バカなのかな)

例えば

 

「例の件、進捗を教えてください・・・」

 

という文面だけ見て、どう思いますか?

なんか冷たいを受けませんか?

会った瞬間おもわず「あの嫌な奴だ」と感じてしまいそうですよね。

 

ところが、前髪が少しかかった上目使いの美少女が頬を赤らめながら小鳥のようなかわいらしい声で呟いたらどうでしょう?

 

「例の件、進捗を教えてください・・・」

 

ガイアが震えるほどの衝撃をうけますよね。

一生大切にしたいと誓うはずです。

うわあ、このフレーズすごくナオト・インティライミっぽい。

 

ところが実はこの美少女が手に刃渡り15㎝の包丁を持っていて、怒りに肩を震わせながら同じことを言ったらどうでしょう?

 

「例の件、進捗を教えてください・・・」

 

BAD ENDですね。

スクールデイズじゃなくても死にそうです。

つまり、そういうことです。

f:id:shun10982:20170215052603p:plain

 


あれ、僕は何を言いたかったのだろう。

あ、おもいだしました。

 

対面コミュニケーションじゃないと伝わらない要素が多いってことです。
つまり「人とは会ったほうがいいよ」という事が言いたかったのです。

 

というわけで入居申し込みをされたご老人と事前に日程を調整して、
週末にご自宅を訪問する事になりました。


僕「ごめんくださーい」

老「はーい」

 

部屋に入ると、カーテンを閉め切っていたせいか、部屋は真っ暗でした。

台所には山のように積み重ねられた食器の残骸。

喫煙家なのか、空気どよーん。

 

日中に日光を浴びれないと全身が痙攣して発狂する

健康優良児の僕にはつらい環境ですが、

がんばって話しました。

 

僕「普段は何をされているんですか?」

老「いやー特になにも」

僕「日中、何回くらい外に出ますか?」

老「出ないねぇ」

僕「どなたか、よくお話をされる方はいますか?」

老「いないねぇ」

僕「そうですか・・・」

 

率直に、話を聞いていて辛かったです。

お年を召されて、足が悪いので出かける事もままならず

頼りになる親類もおらず

話し相手もおらず

カーテンを閉め切った部屋でタバコを吸う日々を10年以上も続けられている。

 

100%、余計なお世話だし

こんな同情をされること自体が失礼とも承知しているのですが

やはり、寂しいのだろうな・・・と思いました。

 

30分ほどお話を伺って、その方を入居者として受け入れることを決めました。

この方が入居したら、毎月挨拶に行って買い出しを手伝おう。

たまに家の外でも掃いてあげよう。

初めて己の心に芽生えた慈愛の感情に仄かな心地よさを感じながら、

部屋を後にしました。

 

翌日、その方を担当されている区役所の方から電話がかかってきました。

 

「とても申し上げにくいのですが・・・入居を見送りたいそうです」

 


ファッキン・ジーザス!!!!

 f:id:shun10982:20170215052528p:plain

 

若すぎる大家は会わないほうがいいのかも

「昨日まで入居の意思があった」

「だから昨日会った」

「そしたら入居を取り下げられた」

 

ロジカルシンキングを学んだ僕なら分かります。

こりゃ僕のせいだわ。

 

しかし、何がいけなかったのだろう・・・

やはり童顔で声が高くて知能が足りない割に姑息で常に相手の機嫌を伺っているからだろうか。

ドス黒い感情を隠すことには定評があるのですが・・・

 

うがった見方ではありますが

やはり若すぎる大家は前面にでないほうがいいのかもしれませんね。

次回はスターウォーズのシスみたいに

強面の友達にパソコンを持って訪問させてスカイプで話そう。

 

 

 

 

ところで強面で思い出したのですが

僕は昔から、強面の不良がちょっと道端で捨てられた子犬を可愛がったらモテるのが

気に食わなくて仕方ありません。

 

そんなの誰だってやるわ。

可愛い子犬なら誰だって撫でるわ。

そんな当たり前のことで好感度が上がるっておかしいでしょ。

「楽しいことが好き!」って言ってるスイーツか。

全身ダニまみれの子犬を介抱して初めてモテろ!ダニが!と思います。

 

逆に僕は普段温厚で笑顔なので、少しでも虫の居所が悪いと

 

「あいつは腹黒い」「実はいつも怒ってる」と言われる始末です。

 

そういえば高校生の頃、登校中の道端で死んだ小鳥を見つけて

そのまま朽ちさせるのはあまりに不憫なので近くの生垣に植えていたら

僕を見かけた女子に朝の授業で「なんで動物の死体で遊んでたの?」と言われました

 

不良が笑顔で犬を撫でたらギャップ萌え。

優等生が笑顔で小鳥を埋葬したらネクロフィリアですか。

 

かぁ~~~ぺっ!!!

f:id:shun10982:20170215052906p:plain

とか屈折したことばかり考えているから僕は永遠のゼロなのでしょうね。

 

入居者が集まらない

さて、少し思春期のトラウマが首をもたげて話が脱線してしまいましたが

家を買ってリフォームして早4か月が経過したのに、入居者ゼロという状態でした。

人口が集中している都内でこんな事があっていいのか・・・

悩みました。どうやって入居者を集めよう・・・

 

 

悩みに悩んだ僕は、ある秘策を閃きました。

その秘策とは・・・!?

 

続くったら続く

f:id:shun10982:20170215053408j:plain