薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

就活相談に乗って思ったこと:車輪を再発明する必要はあるのか

最近、就活中の方々とお話ししていると

 

「私は、こう思います」

 

と、しっかり自分で考えている方にお会いすることがあります。

もう、素晴らしいです。

イメージに踊らされてふわふわ〜と就職先を決めた

僕のようなコーヒーの搾りカスとは天と地の差です。

 

でも、あえて自分でゼロから考えている方が多いのが気になります。

 

自分で考えるのも、もちろん大切なのですが

これ、ものすごく効率の悪い作業なので

「こんな抜け道もあるよ?」という話ができればと思います。

 

 

車輪を再発明する必要はあるのか

「車輪を再発明する」という言葉をよく耳にしますよね。

 

人類に大きな飛躍をもたらした「車輪」

とてつもなく重大な発明なのですが

これを現代で、自ら改めて考えることに価値があるとは思えません。

 

すでに誰かが辿った思考、軌跡の上に

自分の新たな思考や工夫、なにかを築き上げるからこそ

「車輪」に動力を積載してバイクが生まれたり、

「車輪」に磁石をつけて発電機が生まれる。

 

全員が「車輪を発明するぞー!」と同じことを繰り返していたら

あまりにも進化の効率が悪いので

僕らは未だウッホウッホとマンモスを運ぶ作業に追われているはずです。

 

なので僕は

「すでにある知識をとことん吸収して、その上に自分の考えを載せる」

ことに高い価値がある、と信じる派です。

 

で、「すでにある知識をとことん吸収する」効率的な方法が、読書です。

 

 

読書は近道

例えば

 

「やはり企業の選考には学歴が影響するのでしょうか」

 

と聞かれることもあるのですが

これはもう、就活関係の書籍をいくつか読めばすぐに答えが出ます。

海老原嗣生氏の「就職に強い大学・学部」あたりがオススメです。

アマゾンなら1円で買えるし、図書館でも借りられます。

 

調査データなど「事実」の割合が高いため

思考の土台となる基礎知識を固められます。

 

例えば人気企業100社の新卒採用枠は約「2万人」

 

対して旧帝大の卒業者だけで「2.1万人」

MARCHレベルまで含めた卒業者の数は「10万人」

 

いわゆる高学歴が採用枠の5倍いるんですから

そりゃ人気100社の選考を受けるのは難しいよね・・・

という事が、数字を見るだけでなんとなくわかります。

 

また、大学ごとの就職率もしっかりと抑えています。

電車広告で謳われる「就職率98%」は

あくまで「就職決定者/就職希望者」なので

より正確な「就職決定者/卒業者」で計算すると

就職率が60%台に低下する大学が大半です。

 

上記の「ちゃんとした就職率」を大学ごと比較すると明確に就職率に差が出るし

それを「人気企業」に絞れば、さらに差が広がるのが分かります。

 

なので「就活に学歴は影響するか」という問いは

本を1冊読めば解決します。YESです。

業界研究に関しても様々な本が出版されています。

現場で働く方の自伝も数多く出版されています。

 

読者は最高の「近道」です。

誰かがあなたの代わりに時間をかけて調べ、まとめ、書き、

内容の裏付けをして、推敲して、

出版社の名誉をかけて世に送りされた「作品」です。

 

せっかく誰かが発明してくれた車輪なんですから、

もう存分に利用していきましょう。

 

もちろん、本を鵜呑みにするのは禁物ですけどね!

 

今日たまたま図書館で読んだ本には

「とにかく川上産業の安定した大企業を狙え。シャープがオススメだ」

と書かれていました。

 

作者が鮮やかにヨミを外すこともありうるので

「意見」は「そんな考え方もあるのか」程度に抑え、

「事実」だけを集めにいきましょう。

 

あなたの悩みは、どこかで誰かが解決している

パスカルが残した「パンセ」という本があります。

「人間は考える葦である」もパンセの一文です。

 

僕は未だにこの一文の意味が全くわからないのですが

 

「17世紀の人間と21世紀の人間は、ほとんど同じことを考え、悩んでいる」

 

という気づきを得られるのでオススメです。

 

「なんで心にもないことを言ってしまったのだろう」

「どうすれば未来への不安を取り除けるのだろう」

 

こんなテーマを高尚な思考と言葉でまとめたのが「パンセ」です。

 

で、何を伝えたいのかというと

 

「人間は少なくとも400年前から同じようなことで悩んでるから、気にすんな」

 

という諦観とも達観とも言える割り切りと

 

「どうしても辛ければ、すでに同じ道を歩んで、解決した人の本を読もう」

 

という提案です。

 

400年も前から同じことで悩んでいるということは

特効薬的な解決策はありません。

 

「悩む」は「思考」とほぼセットなので

完全に取り除くことは、そもそも不可能なのだと思います。

 

ただ自分の「悩み」の正体を明らめたい場合は

その悩みを分析して解説している書がいくらでもあるので

それらの土台を借りるのも、有用だと思いますよ。