薄いブログ〜20代大家の賃貸日記や、週末の朝活など〜

20代ど素人が始めた賃貸経営の話や、週末に運営している朝活の話など〜

ぼくらは褒められたくて仕方ない

ここ1〜2年のことなのですが

「褒めてもらいたがっている人」に会う機会が増えた気がします。

 

一言で説明するのは、とても難しいのですが・・・

 

実力で褒められるには時間がかかるから

何か近道を探して、結果的によく分からないところで背伸びをしている人

 

というまとめ方になるんでしょうか。

 

 

僕自身、勉強に充てるべき時間を戯言の殴り書きに費やしていたり

その他諸々の行動も鑑みて、

間違いなく褒めてもらいたがっている部類にすっぽり入るんですが

自分のことは一旦、目につかないよう棚の上において書いてます。

 

褒められたくて仕方ない。隠さない犬、隠す人

我が家の犬を見ていると

たまにお行儀よく所定の位置に排尿完了すると

「できたよー!!」と、報告にくるわけです。

 

これが、めちゃくちゃ可愛いんですよ。

さも何事も無かったかのような表情で近づいてくるんですが

得意げに尻尾をブンブン振り回しているもんだから

こちらとしては「あ、これは賞賛に値することをやったな」と一瞬で分かるわけです。

 

で、トイレを目視して「あー!ちゃんと排尿できたねー!!!」って褒めると

もう嬉しさ全開。顔をニカーーーーーッ!!!と広げて

全身で喜びを表現し始めるんですね。

 

もう可愛くて仕方ないんです。

 

一方その頃、人間は。

周りにいませんか。

何かを聞きに行くと「え、そんなことも分からないの?」と

ワンクッション嘲笑を挟まないと回答できないタイプの人が。

 

 

諸々の状況を勘案して意図的にこの回答を選んでいる人は良いのですが

本当は「◎◎さん、すごい!」って褒められたいだけなのに、

それを素直に求められないタイプだと、とても不幸だと思うのです。

嫌味を続けていたら、いつまで経っても褒められないですからね。

 

その昔、政治家や企業役員が通う高級クラブのホステスとお会いした際に

「一流と二流のホステスは何が違うのか?」と伺ったところ

 

「男の人はね、みんな褒められたいの。

 偉い人は、うまく褒めないと怒られたり、飽きられる。

 一流は褒め方のパターンが多いのと、選び方が上手いの」

 

と仰っていて、

なんだか世の中ってすごくシンプルなんだな・・・

大抵の人間は「褒められたい」という欲から逃れられないんだな・・・

と感じたのを覚えています。

 

 

嫌われない勇気と、配慮の欠如

だからこそ「褒められるとか関係なく、思ったことをズバズバ言う人はカッコイイ」

って風潮があるのかもしれませんね。

 

「自分の思考をさらけ出した結果、誰からも褒められない」ってすごく怖いですもん。

俺たちにはできないことを平然とやってのける

そこに痺れる、憧れるゥ感覚と似てるんじゃあないか?

 

でも、そうなると時々出現するのが

単に他人に対する配慮が欠如しているだけなのに、それを

「思ったことをズバズバ言う」と勘違いしている方ですよね。

 

 

 

これもまた、本当は褒められたいだけなのに

「別にそんなものは求めていない、自分は褒められることから自由」を演出したい、

そんな齟齬がチラチラ見えるから、違和感を覚えるのかもしれません。

 

褒められることを素直に求めてもいいのではないか

ごくごく一部、そういう賞賛乞食的な活動から逃れて

粛々と自分が好きなことに没頭するタイプの人がいますが

 

基本的に世の中の9割9分は

今か・・・今か・・・と褒められるのを虎視眈々と待ち望んでいる気がします。

 

ちなみに僕は

巨大なコンプレックスの塊を脱水濃縮して更に高圧で固めたような人間なので

まぁ褒められることに対して凄まじく貪欲です。

 

むしろ褒められたいがために生きていると言っても過言ではありません。

「すごいね!」という賞賛を食べて

「面白いね!」という反応を飲んで生きています。

 

なので、よく周りから「欲しがるね〜」と言われますが

まぁ隠して欲しがるより、全力で欲しがった方が

少なくとも正直でいいのでは?と思いますし

 

変にひねくれて高圧的になったり

他人に酷い事をする人間にならなくて済むのだったら

全員が素直に欲しがる世の中になればいいんじゃないかな、とも思います。

 

 

そういえば昔、イタリア人の友人宅に2週間ほど滞在したんですが

まぁ本当に街行く女性ほぼ全員に

「綺麗だね!」とか「その服、素敵だね!」とか、声をかけるんですね。

 

 

あまりに無差別に声をかけるもんですから

「お前、もう少し節度を持って女性に声をかけた方がいいぞ。失礼じゃないか」

と注意したら、こんな風に返されました。

 

「どうして?みんな褒められて喜んでたじゃないか」

 

 

あぁ、なるほどなー・・・・

 

ナンパとか、そういう目的を持って声をかけているわけじゃなくて

ただ単に「褒めたら相手が喜ぶ。相手が喜ぶことは、明らかに良いことじゃないか」

ってシンプルな理由なのかなー、と感動したのを覚えています。

 

そのあともイタリア人は女性に声をかけた続けたわけですが

たまたま声をかけた相手が妹の友人だったらしく、

「妹には言わないでくれ」と、えらく狼狽してました。

こりゃイタリア人、幸せそうな人が多いワケですわ。

 

 

隣の芝生は青く見えるとか、色々あるとは思うんですが

もう少しみんなが褒められる事に対して素直になって

行きがけの駄賃みたいに褒められる世の中になると良いですね。