薄いブログ 〜全てが薄い〜

だいたい酔った勢いで書いてる

選挙投票する事に意味はないが、レスラーには詳しくなる

衆議院選挙のシーズンですね。

 

この時期になると必ず「若者の投票率が低い」とか

「投票しないと損をする」とか

いろんな話が持ち上がりますが

 

正直、僕は投票する事自体には

あまり意味がないと思っています。

 

A党が47,123票、B党も47,123票みたいな状況なら

確かに自分の1票が影響を持つのでしょうが

そんな僅差になる事、滅多にないですよね。

 

自分の1票が結果を左右する確率が天文学的に低いなら

投票しても意味ないじゃん?と思います。

 

でも「投票しよう」と思う事には大きな意味があります。

 

たとえば、何も考えずに投票場に行ったとしましょう。

投票ブースに案内されて、投票紙を手にとります。

さて候補者名を書こう、と思った瞬間

たぶん、ふと鉛筆が止まるはずです。

 

だって候補者の名前を一人も知らなかったら

何も書けないですよね。

 

それじゃ困るので、誰が立候補しているか事前に調べるわけです。

そこから「誰にしようかな」と考えるわけですが

まぁ選べないですよね。

 

「こいつら誰やねん」って話ですよね。

あれ?こいつら政治家じゃないの?

なんでプロレスラーが候補者に入ってるの?

こいつが当選したらレスラーに優しいまちづくりになるの?

 

みたいな至極当たり前の疑問が出てくるわけです。

 

そこで候補者について調べはじめます。

経歴なり「こういう事をしたい!」的な公約だったり

いろんな情報がウェブサイト一つ読めばわかります。

 

蛇足ですが、大体選挙系のサイトは「世界最古のウェブサイトかな?」

って思うくらい古(いにしえ)のレイアウトがたくさん見れるので

大英博物館を散歩する気分に浸れます。

 

そしてレスラー以外にも弁護士だったりミュージシャンだったり

いろんな人が出ているので、

各々の経歴を眺めるだけでもそこそこ楽しいです。

 

意外と凄いですよ。ハーバード卒とかいます。

学歴コンプレックスを刺激されて奮起する、

そんなドMの休日を過ごしましょう。

 

で、そこから次の疑問が出てきます。

 

「こいつが当選したとして、こいつ一人に何ができるのか?」

 

つまり候補者がいくらレスラーに優しいまちづくりを訴えようと

所属党が「いやレスラーは足腰強いからいいでしょ」とか考えてると

か弱いレスラーを守れないわけです。悲しい。

 

なので次は所属党の方針を調べ始めます。

 

すると花粉症ゼロみたいなギャグ狙いのマニフェストが見れたり

ハイハイいつもの感情論ね、みたいなマニフェストが見れたり。

僕は大体ここで神経を逆撫でされて止めるんですが。

 

でも中には「お?これどういう事だ?」と

気になるマニフェストが見つかるかもしれません。

 

例えば花粉症ゼロってほんとギャグだと思うんですが

花粉症って一大産業なんですよね。

マスク、薬、いろんなものが春に売れます。

何もしなくても600億円くらい売れます。

 

それをゼロにしよう、と言っているわけですから

日本全国のスギを焼き払ったら

製薬業界はちょっと涙が出ちゃうのが目に見えてるわけです。

山の持ち主は号泣すると思いますが。

 

製薬業界とベッタリの政党ならこんな事言わないはずだけど

もしかしてココはあんまりコネないのかな?

 

いやーでも600億円とか鼻くそみたいな市場なんだろうな。

でもこんなアホみたいな公約で敵を作るのも変だし

どういう政党なんだろう?

 

みたいな感じに、色々と妄想して楽しめます。

 

僕はいま26歳なので、5年後には子どもがいるかもしれません。 

もう完全にエゴで「教育補助金を一番多く出してくれるとこに入れよう」

で選ぶこともできますし、それでも別に良いと思うんです。

 

少なくとも補助金の種類や仕組みを覚えたり

その問題点を知るきっかけになるので。

 

 

 

ざっとですが、ここまで調べるのに1日もかかりません。

意外と楽しいんですよ。

普通に1日があっという間に終わります。

 

なので次回、次次回の選挙でも

同じように関心を持って情報収集するクセがつきます。

楽しいことは継続できますからね。

 

 

これを続けると、いつか大きな違いを生みます。

 

あなたがいつかyoutuberとしてバズってフォロワー獲得したり、

ガンジーみたいに後ろからスゲー人が付いてきてたり

もう何でもいいんですが、影響力が増してきた時です。

 

一度も投票する事なくその時を迎え

政治に関してチワワと同じくらいの知識しか持たないあなたと、

百戦錬磨、古今東西あらゆるレスラーのマニフェストに精通したあなた。

 

自分が支援したいと思う候補者、政党が現れた時。

どちらのあなたが、より多くの人を巻き込めるでしょうか。

どちらのあなたが、より自分が暮らしやすい環境を作れるか。

 

というわけで、今すぐ入れる1票には意味はありませんが

その1票を入れるまでに調べたこと、

そこで身につけたクセ、その積み重ね。

 

それが将来「こういう環境にしたいな」と描いた理想に

近づける力になるんだと思います。