薄いブログ 〜全てが薄い〜

だいたい酔った勢いで書いてる

サイクルトレイン「B.B.BASE 」は建国以来最高の企画

サイクルトレイン「B.B.BASE」をご存知でしょうか。

 

「山や海で、思いっきり自転車を漕ぎたい!」

「でも車を借りて行くのは少し手間だし」

「電車に輪行するのも手間だし」

「誰かなんとかしてくれー!」

 

そんなサイクリストのわがままライフを叶えてくれるのが

B.B.BASE(房総バイシクルベース)です

 

 

B.B.BASEとは?

 

JR両国駅から房総エリアまで直通運行している電車。

なんと自転車をバラすことなく、そのまま持ち込める!

www.jreast.co.jp

 

 

先日このB.B.BASEで外房サイクリングに出かけたのですが

控えめに言って建国以来最高の企画でした。

そんなB.B.BASEが何故すばらしいのか、お伝えしたい。させてください。

 

 

ざっくり概要

B.B.BASEは発着駅と、行き帰りの電車の時間が決まっているため

「外房」「佐原」「内房」の3コースから選んで

時間内に指定の駅まで戻ってくる必要があります。

 

例えば僕が行った外房コースはこんな感じ:

latlonglab.yahoo.co.jp

 

0750に両国駅を出発して、0950に勝浦に到着。

1730発の復路電車まで、房総サイクリングを思う存分楽しめます。

海も山も楽しめる東洋のアマゾン、千葉王国へのアクセスが

グッと改善されますね!

 

 

乗車は専用入口から

B.B.BASEの乗客は一般改札を通りません。

こんな感じの裏口に通されます。

f:id:shun10982:20180311074241j:plain

 

 

f:id:shun10982:20180311074320j:plain

フェンスがメカメカしくてカッコいい。

アラサーのスキニードレスに「あなたはこれに乗るのよ」と言われても二言返事で受け入れられる空気感

 

f:id:shun10982:20180311074530j:plain

線路をぶった切る

 

メカを覗く時、メカもまたこちらを覗いているのだ

元・京浜東北線車両を改造したB.B.BASE車両。

恐ろしくカッコいい。

 

f:id:shun10982:20180311074959j:plain

自転車乗りは自宅に飾ったチャリのギアを眺めるだけでトランス状態に達する不遇な生き物なので(個人の意見)

こういう淫靡 x 剛健の織りなす金属ハーモニーには抗えない

 

f:id:shun10982:20180311075524j:plain何食わぬ顔で全席に自転車積載ラックが備え付けられている。

座席番号「03-3D」のフォント、ラックの形状、床の加工。

この車両の全てが、人の心に潜むメカ欲を暴力的なまでに引き出す

 

f:id:shun10982:20180311085038j:plain

 

係員さんの圧倒的ホスピタリティ

圧倒的メカ感と引き換えに暖房機能を失ってしまったのか、

車内は少し寒いです。

 

でも「寒いな〜」と思っていたら

係員の方が優しく毛布を配布してくれました。

コレに限らず係員さんのホスピタリティが半端ない。

 

トンネルを抜けるとそこは勝浦であった

勝浦に着くと、地元の方が「ようこそ勝浦へ!」と横断幕を掲げ

駅で優しく挨拶をしてくれました。

人からこんなに優しく迎えられたことがない僕、感涙

 

地域の方も一体となってB.B.BASEを盛り上げようとされているのだな〜と感じ

ますますこの電車を好きになります。

 

勝浦駅を出るとそこは海であった

f:id:shun10982:20180311080503p:plain走り出したら即・海!

普段は荒川サイクリングロードに行くだけでも1時間かかるのに

漕ぎ出して10分で、もう海!!ヒエーーー!

 

興奮しすぎて写真を一枚も撮っていません。

引用するとこんな感じ。

 

https://t-ec.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/535/53534016.jpg

https://www.booking.com/hotel/jp/onjuku-umi-no-hotel.ja.html

 

太東海水浴場あたりはオリンピックのサーフィン競技にも使われるので

今日も多くのサーファーで賑わっていました。

モテるんだろうなぁ。

 

ただ個人的に国道沿いは交通量が多くて怖いので

少し脇道に逸れると楽しいんじゃないかなーと思います。

 

御宿海岸沿いの道はほぼ車が通らない+景色が綺麗で、オススメです。

f:id:shun10982:20180311092426p:plain

https://cdn.jalan.jp/jalan/img/7/kuchikomi/1437/KL/07463_0001437902_1.jpg

https://www.jalan.net/kankou/spt_12443ab2050034211/

 

 

ハーブガーデンがオシャレ

海を堪能したので今度はヒルクライムに移ります

 

f:id:shun10982:20180311092217p:plain

 

汗だくの野郎4人で行っていい場所では無かったかもしれませんが

大多喜には「ハーブガーデン」というオシャレホルモン全開スポットがあります。

僕もインスタ映えを狙いシャッターが止まりません。アカウント持ってないけど。

 

http://www.3album.net/photo/album/105117/photo_2.jpg

 

f:id:shun10982:20180311092059j:plain

 

自転車を漕いでると「まぁカロリー消費するから食いまくってもいいよな」

と食欲リミッターを解除出来るのが楽しいですよね。

俺は重量系ライダーになるのさ、と変に納得感が持てます

 

 

蔵カフェへ

f:id:shun10982:20180311093040p:plain

 

今度はコチラの蔵カフェに向かいます。

www.katsura-tg.jp

 

祖父母が建てた蔵を改築して親子でカフェを営んでいるそうなのですが

まぁ蔵が綺麗で、庭も美しくて、ケーキも抜群に美味いのですが

店員さんがとにかく雰囲気の良い方でした。

今回の旅は、立ち寄り先の人がとにかく優しく明るかった印象。

 

自転車でなければ入ろうとは思わない小道の先にあるため、

客はほとんど居らず静かな蔵カフェでした。

夏はBBQも出来るそうな。オススメ中のオススメ。

 

f:id:shun10982:20180311081726j:plain

f:id:shun10982:20180311081952j:plain

 

 

最後は一気に坂を下る!!

f:id:shun10982:20180311093216p:plain

 

ココは永遠に続く下り坂です。

ラストスパートだと思って、一気に駆け下りましょう。

僕は脳汁が2Lくらい出ました。

 

 

ホテル三日月の湯に入れる

B.B.BASEには様々な提携店特典が付いています

担々麺の割引とか、コーヒーが無料で飲めるとか。

中でもズバ抜けて嬉しかったのが「ホテル三日月」の入浴無料券。

 

1日走り終えてからやりたい事No.1といえば「温泉」でしょう。

勝浦駅から1分程度の三日月の湯に無料で入れるなんて

嬉しくて狂う〜ギャピピピピー

https://img.travel.rakuten.co.jp/share/image_up/38961/LARGE/7db1e2224b190eeb41209d0e96495b4c61772adc.47.1.26.2.jpg

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/38961/38961.htmlhttps://cp.jorudan.co.jp/delivery/cpimage/TRV00006/201531921_1426501264_210700.jpg

アクアパレス(勝浦ホテル三日月)のクーポン|千葉県/日帰り温泉・温浴施設 | ジョルダンクーポン

 

2枚目の写真はチャラクソ感で溢れていて吐き気がしますね!

でも、とにかくサイクリング後の一風呂は最高です。

足の疲れ?ケツの痛み?ぜんぶ湯に溶けます!

 

どうでも良いのですが昔から聞き覚えのあるこのCM

www.youtube.com

「ゆったりたっぷりの〜んびり〜♪

 ○○いけば楽しい〜

 ホテル三日月〜♪」

 

これ「ホテル三日月」でしたね。入浴中に気づいて衝撃を受けました。

それとも勝浦とは別の三日月なのだろうか。

○○の部分が27歳になっても未だ聞き取れない事も衝撃です。

 

 

 

時々サイクリストとすれ違う時の心のくすぐったさ

サイクルトレインの運行が影響しているのでしょうか、

この辺りを走っていると、ちょいちょいサイクリストとすれ違います。

 

見知らぬ、されど同じ趣味を持つ仲間と交わす挨拶に

どこか心のくすぐったさを感じるのは僕だけではないはず。

そんな交流も楽しい。

 

非公式Facebookグループの楽しさ

B.B.BASE利用者が参加しているFacebookグループがあり

「私はこんなところに来ました」

「僕はここに居ます」

みたいな情報が流れています。

 

他のエリアを走っている方から綺麗な写真が送られてくると

「うわーそっちも捨てがたいなー次はそっち行くかー」

とか旅のインスピレーションが爆発して楽しいです

 

ちなみに僕も「ここでご飯食べてます」とか投稿したら

「メニューを教えてください」と尋ねられ

お店の方に値段や品切れの有無を確認するパシリになりました

 

 

 

 

帰りの電車は怒涛のお土産攻撃

通常の自転車旅行であれば、このあと地獄の工程が待ち受けています。

 

・むせび泣きながら前輪と後輪を外す

・剣山に全身を刺されるような苦痛に耐えながら輪行袋に納める

・生ゴミを見るような視線に耐えながら電車に持ち込む

・チャリを傷つけられないか、世界の全てを疑いながら揺られる

・生まれた事を後悔しながら駅で自転車を組み立て直す

 

この瞬間いつも僕は

「どうして自転車旅をしようと思ったんだろう」と後悔していました。

 

でもB.B.BASEは違います。

 

・駅で雅に記念撮影

・専用出入り口からエレガントに乗車

・乗車して3秒で愛車をラックにマウント

・指定席で贅の限りを尽くす

 

ラクすぎて腑抜ける。

しかも帰り際に大量のお土産をもらえちゃいます!

 

f:id:shun10982:20180311085124j:plain

・タンタン麺

・タンタン麺のピーナツ揚げ

・B.B.BASEモデルの財布

 

こんなに貰っちゃっていいの??

いいんです。

 

 

たゆまぬ努力

僕がB.B.BASEに関して何より感動したのが、その努力姿勢。

 

帰り際にアンケート記入シートをいただいたのですが

「フリーコメント」欄に納まりきらないほどの反響があるそうで、

もう1枚A4で紙を配られました。

 

「ちゃんと顧客の声を拾いたい」

「そのためには紙面を拡大しよう」

 

この時点ですごい。

 

さらに営業期間をあえて3ヶ月で区切っているのがすごい。

 

今回1〜3月の試験運転で得られた意見を基に

4〜6月では大きくサービスを改良しているんだとか。

 

例えば片道切符。

 

従来はパックに定められた宿泊施設しか選べなかったのですが

4月以降は片道券を駆使して自由な旅程設計が出来るように。

若干失礼な物言いかもしれませんが、JRでこのスピード感は凄い。

 

あと、細かな気配りも凄い。

車両が寒いから毛布を配ろう、とか。

設備は整っていないけど、要望があったからプロテインバー等は先行して車内販売しよう、とか。

 

新幹線の色を変えるだけでも幾度の重役会議を経る企業で(そして色は変わらない)

このスピード感で運用できる理由が知りたい。

 

ちなみに、よく寄せられる意見は

 

・雨天時の扱い(キャンセル料金免除されたら嬉しいな)

・発着駅、途中下車駅の追加

・当日予約(今は前日までのネット予約のみ)

 

らしい。

僕は車内温泉が欲しいけど、さすがに無理そう。

 

 

まとめ

B.B.BASE、本当に最高でした。

来年も再来年もずっと運行し続けて欲しい。

ますます自転車が好きになりそうです。

 

唯一欠点があるとすれば、千葉の花粉量。

例年は2月頭に発症するところ、食事改善で3月頭まで保っていたのに

たった1日千葉をサイクリングしたら発症しました。死にそう。